暗○教室 151 渚とカルマの宇宙旅行

○せんせーの命 | 暗○教室

○せんせーの命 | 暗○教室より引用

暗○教室 概要

暗○教室は、「来年3月までに自分を○せなければ地球を破壊する」ことを宣言したマッハ20で空を飛ぶ者が「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となり、生徒たちが教師を暗○しようとするブラックコメディ漫画。

暗○教室 今回のネタバレストーリー

E組は、日本の有人打ち上げの試験ロケットに潜入してダミー人形ではなく、E組が乗り込む計画を実行することになった。

いくら可愛くても入っちゃダメ | 暗○教室

いくら可愛くても入っちゃダメ | 暗○教室より引用

HSS運用制御室に入りたいE組は、囮で二人の女の子が職員がいる広間に出て行って、見学者が迷子になったフリをする。職員たちは立ち入り禁止エリアに入ってきた女の子たちを追い出そうとする。

警備員を呼んで、HSS運用制御室の前を警備している警備員を呼び、ドアの前からいなくなった瞬間に工作員が潜入する。

そして、律が連動できる装置をHSS運用制御室のパソコンのUSBポートに差し込む。これにより、律が遠隔操作で管制センターを制御できるようになる。

律はロケット付近のセキュリティを一時オフにする。警備態勢は大半が自動化されているから発射台まで近づける。E組は発射台に近づいて行く。

潜入 | 暗○教室

潜入 | 暗○教室より引用

発射台付近は人も多いので気配を消して、侵入する。50メートルの階段を登ることにグチる。○せんせーは一足先にロケットに取り付いて点検を行っている。事故が起きてしまわないように心配している。

○せんせー | 暗○教室

○せんせー | 暗○教室より引用

管制室にあるコックピット内を映すモニターはダミー映像を流す。これで人間と入れ替わってもバレない。

ロケットは2名のみ。○せんせーはロケットに乗りたい人と聞くと、男子はみんな挙手する。○せんせーは、まだ一度も成功していない試験機ですがと付け加えてそれでも乗りたい人と募るとみんなの挙手が鈍る。

ロケット搭乗者は渚とカルマ | 暗○教室

ロケット搭乗者は渚とカルマ | 暗○教室より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です