ACMA:GAME(アクマゲーム) 2 悪魔のゲーム

例の事件はこれですべてを奪われたのかと考える照朝。織田グループを守るために負けられない。

ACMA:GAME(アクマゲーム)第2話ネタバレ感想・考察

マルコを間近でみた瞬間に小物だと判断して名刺を捨てて優位に立とうとしたりするのは完璧超人照朝らしいけど、ハウンドドッグてあんまり意味ない?威圧するためだけの存在?閉鎖空間を証明するためだけに出てきてたのだろうか。今後、アクマゲームが始まっても活躍はしなさそうだけど。

岡本の照朝を心配する描写によって、照朝の心理や挙動を印象付ける演出には効果ありそうだけど、そのほかのハウンドドッグのメンバーは役に立つのだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です