進撃の巨人 コミック17巻69話 リヴァイの秘密(本名)とケニー・アッカーマンの大いなる夢

リヴァイの感謝 | 進撃の巨人

リヴァイの感謝 | 進撃の巨人より引用

進撃の巨人 概要

進撃の巨人は、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。進撃の巨人のストーリーは、繁栄を築き上げた人類は、突如出現した“天敵”「巨人」により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。

進撃の巨人コミック17巻69話ネタバレストーリー・あらすじ「友人」

ケニー ウーリ ロッド | 進撃の巨人

ケニー ウーリ ロッド | 進撃の巨人より引用

若かりし頃のケニー・アッカーマンは巨人に掴まれていた。巨人を初めてみて自分よりも強い奴が存在することを知る。しかも、壁の中で。

相手は、レイス家。ロッド・レイスが銃を構え、ケニーを狙う。ケニーを捕まえている巨人はウーリが作り出したものだった。ロッドがケニーを狙うが、ウーリは撃つなという。

ケニー・アッカーマン | 進撃の巨人

ケニー・アッカーマン | 進撃の巨人より引用

議会関係者の中にレイス家のことを喋ったものがいるかもしれないというとロッドはケニーに白状させろというもウーリはケニーをアッカーマンの末裔だろうという。もしそうならウーリたちを狙う理由はケリー自身にある。

ナイフを投げるケニー・アッカーマン | 進撃の巨人

ナイフを投げるケニー・アッカーマン | 進撃の巨人より引用

そのとき、ケリーは持っていたナイフをウーリに投げつける。

ロッドが心配するもウーリは腕を盾にしてナイフをとめる。

ナイフを止められたケニーは見逃してくれと謝り出す。謝るがもう一度暗○のチャンスがほしいと無茶苦茶の話を切り出す。それほどケニーが持っていた自信が崩れ、常識的なことがいえなくなっていた。

壊れるケニー・アッカーマン | 進撃の巨人

壊れるケニー・アッカーマン | 進撃の巨人より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です