アポカリプスの砦 77 女ボコールと男ボコールの合体

アポカリプスの砦 概要

ある日、(冤罪)無実の罪を着せられて無期懲役の判決を受ける前田義明。関東中の不良が集まる青少年矯正施設・松嵐学園に収監された前田は学園内でも曲者たちの監房に入れられる。そんな無秩序と○力の世界に入った前田だった。外の世界では人間を貪り喰らうゾンビたちが発生してゾンビは施設内にも侵入しいやおうなしに戦うことになる。

アポカリプスの砦 第77話ネタバレストーリー・あらすじ「NEW BORN 1」

りっくんが倒したボコール以外に、ボコールがもう一人やってきた。

吉岡と前田 | アポカリプスの砦

吉岡と前田 | アポカリプスの砦より引用

どうしようという前田に吉岡はアイツを倒せばサンプルが2つ手に入るんだぞ、やるしかないという。

前田は大声でりっくんに二人目のボコールを倒すように指示する。

りっくんは一人目のボコールを肩から下ろし、臨戦態勢にはいる。

歩く足を止めないボコール。

りっくんが男ボコールに切りつける | アポカリプスの砦

りっくんが男ボコールに切りつける | アポカリプスの砦より引用

りっくんはダッシュして間合いを一気に詰め、切りつけるも軽く飛び越えられる。振り向くと二人目のボコールはりっくんを相手にせず、倒れた一人目のボコールに手を伸ばす。

何をやろうとしているかわからない。

一ツ兜がヤバイと言い出す。分からないがヤバイと。今まで見たことのないようなことが起こるという。事の次第によってはりっくんは○ぬという。

逃げるりっくん | アポカリプスの砦

逃げるりっくん | アポカリプスの砦より引用

前田はりっくんに帰ってくるように指示を出すと、りっくんはナイフを捨てて、橋から落ちて海に入る。

一人目のボコールは起き上がり、二人目と手を取り合う。そして、互いに口を開き、近づきあう。

そして、互いの口を食べ始める。

共食いのように見えるが女性研究者は愛撫にみえるという。

ボコールはお互いに癒着しあっていく。顔が癒着し、体が癒着しはじめる。

アポカリプスの砦 第77話ネタバレ感想・考察「合体の意味」

合体は生殖行為だと思うけど、合体したの後に、3体以上に増えないと子孫を増やすということにはつながらない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です