リアルアカウント 33 女子中学生・市之瀬ハルと蔵科ミズキが仲間

リアルアカウント 概要

国民的SNS『リアルアカウント』。主人公たちは、ある日突然にSNSの世界に吸い込まれ、「フォロワー0で即○亡」「中の人が○ぬとフォロワーも即○亡」というルールの下、理不尽なゲームに強制参加させられてしまう。ゲームに負けた場合は、即○亡で、前述のように自分のフォロワーたちも○亡してしまう。

リアルアカウント 第33話ネタバレストーリー・あらすじ「あちら側の覚悟」

SNS鬼ごっこが始まった。向井ユウマは追いかけられても「有名人はつらいねぇ」と笑いながら走り逃げる。

追いかけるほうもネットでみた向井ユウマの悪評をみて罪悪感なく追いかける。

居場所をツイートされる仕組みだから隠れていても無駄で次々と写メを捕られていく。路地裏に隠れても服を剥がされにされて写真を撮られる。逃げても体力が持たず捕まる。

向井ユウマは、走っているバイクを奪って走り逃げる。それもノリノリで。

向井ユウマが走っているとユウマを呼ぶ声があった。電柱の上で手を振るリアアカプレイヤーだった。下から写メで捕られているもまだ生きている。

近くまでいくと、その者はジャンプして向井ユウマのバイクに飛び乗る。下着も着てない状態で向井ユウマにモロに見られた上に向井ユウマの顔面に着地する。

その者は、JCステマ作家だった。市之瀬ハルと自己紹介する。ステマの件と先ほどみた下半身のについては忘れて欲しいというハル。

しばらくは相乗りさせてほしいというハル。そうこうやりとりしているうちに、ユウマのバイクは罠にかかってしまう。

仕掛けられた罠でタイヤをパンクされ、転倒する。

リアアカプレイヤーをつぶやき機能で実況されているから待ち伏せもカンタンだと。そこは、車でバリケードして逃げられないようにし、大勢の人間を集めた男がいた。名はキリュー。

キリューは仲間に呼びかけて、ユウマを囲んで武器で殴りかかる。

ハルも捕まり服をめくりあげられる。腹部にマーブルマークがあった。ハルは必○に腹部のマーブルマークを手で押さえて撮影させまいとする。

ユウマが殴られている様子を処刑動画を生放送で動画をアップするものたち。しかし、ユウマは笑っていた。武器の攻撃を自ら受けにいくユウマ。それで敵の動きがとまる。

ユウマはしばらく食らってみたけど、違うよと相手の武器を取り上げてぶん殴る。殴られたものは吹っ飛び回転してアスファルトにたたきつけられ、勢い止まることなくゴロゴロところがっていく。

そんな衝撃的なシーンに一同が止まり、殴られたやつはシャレにならないほどの出血で意識不明になる。救急車を呼べというもそれに笑うユウマ。

向井ユウマ | リアルアカウント

向井ユウマ | リアルアカウントより引用

寝ぼけているのか!?
○しにきてんだろ!?
当然、○される覚悟もしてきてるんだよなァ!?

ユウマの反撃が始まる。次々と敵を薙ぎ倒していく。キリューは全員でかかれというもそこにマーブルマスクを被ったものがもう一人。

そのマーブルマスクを被ったものはナイフで敵を切り刻む。そして、ユウマの前でマスクを取る。

蔵科ミズキだった。リアアカのゲームで○しまくってた奴だと現実の人間にも知られる存在だった。

蔵科ミズキ | リアルアカウント

蔵科ミズキ | リアルアカウントより引用

ミズキはユウマにいれてと仲間に加わる。

二人の猛攻に○されると恐怖する。キリューは全員でかかれというもみんなはキリューの命令を聞かない。

JCステマ作家・市之瀬ハル | リアルアカウント

JCステマ作家・市之瀬ハル | リアルアカウントより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です