ゴールデンカムイ 45 マタギの逃亡術

カラー表紙 | ゴールデンカムイ

カラー表紙 | ゴールデンカムイより引用

ゴールデンカムイ 概要

ゴールデンカムイは、日露戦争で戦○した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れ、知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める金塊サバイバルアクション漫画。

ゴールデンカムイ 第45話ネタバレストーリー・あらすじ「マタギの谷垣」

どんな獲物も痕跡を残さずに逃げる方法などない。猟に冬が適しているのは、草や木の葉が少なくて見通しがいいのと雪の上の足跡が目立つとういこと。まだ雪の残る春の山は追手に有利。

賢いカモシカやツキノワグマは足跡のつきにくい笹薮や沢、倒木の上を選んで逃げる。いっては戻りを繰り返し、逃げた方向を分からなくする。

二階堂は笹薮から出た足跡を見つける。谷垣が本当に手負いかと信じられないぐらいの行動力。尾形はいう。谷垣はマタギ。山でどう逃げられると追手が困るか知り尽くしていると。

谷垣は自分が銃を持っていることに気づかれていないことが大きく有利に働く。待ち伏せして狙撃するかと考えるも逃げ続けて勝機を待つしかないと谷垣は歩き始める。

ヒグマの逃亡術 | ゴールデンカムイ

ヒグマの逃亡術 | ゴールデンカムイより引用

ただ怪我した足でどこまで逃げられるかと考える谷垣。その時、ヒグマの足跡を見つける。ヒグマの親子は子どもの足跡を消すために子どもに親の足跡の上を歩かせる。猟師でもよくみないとだまされるクマの知恵だという。谷垣はヒグマの足跡を踏んで進む。

二階堂は谷垣を完全に見失って、もう谷垣のことはどうでもいいという。鶴見中尉に報告されようが抜けた身だから関係ないという。二階堂は早く杉元佐一をぶっ○したいという兄弟の仇だから。

ヒグマの足跡をたどっていくと雪に埋まっている鹿の○体を発見する。足跡のヒグマが埋めたのだろうと考える谷垣。

ヒグマの止め糞 | ゴールデンカムイ

ヒグマの止め糞 | ゴールデンカムイより引用

ヒグマは穴籠もりからでるとフキノトウなどを食べて肛門に詰まった固い「止め糞」を出す。肛門の栓が抜けるまでは獲物は食べられない。

獲物の周りには毎日鹿を巡回している足跡が残っている。朝方にきているようだと見る谷垣。

尾形と二階堂 | ゴールデンカムイ

尾形と二階堂 | ゴールデンカムイより引用

夕闇。二階堂と尾形は寒さに震えていた。二階堂は焚き火をしていいかと聞くも闇に紛れて谷垣に襲われるという尾形。二階堂は探す手間が省けるという。二階堂は谷垣を追うことがどうでもよくなっていた。故郷の静岡に帰りたがる。

翌朝、焚き火の煙があがっているのを発見する尾形たち。近づいてみる。調べてみてこいと二階堂に命令する尾形。二階堂から双眼鏡を奪い取り、尾形は焚き火までの距離は100メートル。誰がきても外さないという。

焚き火まできた二階堂は足跡が一つだとわかると谷垣に間違いないと思う。尾形に合図を送る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です