ゴールデンカムイ 45 マタギの逃亡術

尾形は吐く白い息が発見されてないように口に雪をつめる。

その間、谷垣は尾形を探そうとするもまだ発見できない。

ヒグマに襲われる二階堂 | ゴールデンカムイ

ヒグマに襲われる二階堂 | ゴールデンカムイより引用

焚き火で暖まっている二階堂は、鹿をどうやって仕留めたと考えていたその瞬間、ヒグマがやってきて、二階堂は頭を殴りひっかかれる。頭の皮がはがれる。ヒグマはそのまま、二階堂の首に喰らいつこうとし、二階堂は腕を挟んで抵抗する。

谷垣は尾形が発砲するのを待つも尾形もそれが狙いだと感づき、二階堂を助けない。二階堂は尾形に早く撃つようにいう。尾形は二階堂を助けるためにヒグマを撃つ。ヒグマは逃げていく。

谷垣の射撃が尾形にヒットする | ゴールデンカムイ

谷垣の射撃が尾形にヒットする | ゴールデンカムイより引用

尾形は、谷垣が銃を持っていないと思っているからどう戦うか探るも胸を打たれる。

ゴールデンカムイ 第45話ネタバレ感想

まだ尾形は生きているぞ。胸に双眼鏡があってそれが当たって致命傷は免れたに違いない。即座に隠れないと尾形の反撃を食らう。二階堂は瀕○だろうけど、戦いに参加してくるだろうか。頭の皮がめくれ、おそらく右手は損壊しているはず。足は無傷だから走って逃げたりはできそうだけど。

尾形に感づかれてしまったが、尾形は初めて谷垣が銃を持っていることに気づき、警戒するだろう。谷垣の銃は1発しかなく、もう撃てないがそのことは尾形は知らない。何発も撃ってこれると想定して警戒しているうちに谷垣は逃げるのか。

2015年8月20日発売 今週のヤングジャンプ38号「ゴールデンカムイ」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です