はじめの一歩 1110 ボクシングの歴史に名を残す男・鷹村守

鷹村守 | はじめの一歩

鷹村守 | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩 第1110話ネタバレストーリー・あらすじ「一万点の男」

バイソンは鷹村のクセを読み、打ち下ろしのパンチを鷹村の顔面に入れるも鷹村もバイソンの顎にアッパーをいれて、両者相打ちになる。

鷹村はバイソンの打ち下ろしを受けても倒れずに上体を起こし、鷹村のアッパーを受けたバイソンはぐらりと体を揺らす。

鷹村はバイソンを百点だという。しかし、自分は一万点だと。

バイソンは立ったまま動かなくなった。

セコンドは畳み掛けろと叫ぶ。しかし、何を言っても鷹村は動かない。聞えないのか聞えても動かないのか。

鷹村はバイソンを静かに睨みつける鷹村。鷹村もバイソンの体重の乗った右パンチをもらっている故に立っていることで精一杯だった。

鷹村守 | はじめの一歩

鷹村守 | はじめの一歩より引用

鷹村はバイソンに1分で沈める宣言をしてバイソンに背を向ける。

第4ラウンド終了のゴングが鳴る。

鷹村守 | はじめの一歩

鷹村守 | はじめの一歩より引用

コーナーに戻った鷹村はこむら返りをしたからマッサージをしてくれとセコンドに注文を出す。右足がこむら返りをしたという。体でマッサージしているところを隠し、バイソンにさとられないようにする。

会長 | はじめの一歩

会長 | はじめの一歩より引用

バイソンも鷹村の強さに思い知らされていた。バイソンは盗賊だと思っていた。調子に乗った悪党だと思っていた鷹村に尊敬の念を持つほど鷹村の強さに一目を置いた。

バイソン | はじめの一歩

バイソン | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です