MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 22 失意で野球を諦めた光に父・寿也が希望を持ってくる

群馬の光は、学校に行っても覇気がなかった。学校の帰り道、車から父親・佐藤寿也が現れる。勝手に二人であったら怒られるというも母親に頼まれてきたという父親・佐藤寿也。

佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

公園で、群馬の生活のことを聞く佐藤寿也。群馬の野球チームに入るつもりかと聞くも入らないと応える光。佐藤寿也は大吾への手紙の内容を大吾から聞いたという。光は本気じゃなかったという。勢いで書いたから野球はもうやらないという光。

佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

寿也は大吾にウソをついたのかとたきつける。光は神奈川と群馬ではもう野球をやるのは無理だと反論する光。野球はやっていたかった。でも引越しなんてするからと泣く光。

佐藤寿也 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

佐藤寿也 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

佐藤寿也は息子光の肩に手を置いて、土産をもってきたという野球チームに入っていないなら大丈夫だと。ドルフィンズの一員として大会メンバーに登録したままだという。だから試合に出られると。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第22話のネタバレ感想

ほんと、人の良さそうな寿也と母親はなんで離婚したのだろうか。離婚原因が気になる。

光はこの希望の知らせに飛びつくのか、母親のことを気にして諦めようとするのだろうか。結局、試合にはでるだろうけど。

2015年9月2日発売 今週のサンデー40号「MAJOR2nd(メジャー2セカンド)」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です