七つの大罪 138 デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」とアーデンの魔力「無駄(ベイン)」でドレファスを翻弄

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 第138話ネタバレストーリー・あらすじ「闇との戦い」

フェルゼンにやってきたドレファス。魔神族フラウドリンはドレファスに昔話をしながら街を歩く。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪より引用

街中で女性に声をかけられ、笑顔で返すドレファス。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪より引用

女性はドレファスの頬にキスをして、ドレファスだと知っての行動だと明かす。その女性は、デンゼル率いる蒼天の六連星の一人、デルドレーだった。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪より引用

デルドレーはドレファスのことを好みのタイプだったのに残念だと勝利宣言をする。ドレファスは魂を喰われるならまんざらでもないだろうというもデルドレーはデンゼルが何を企んでいるか聞かずに○すの?と聞く。魂を喰えばわかるというドレファス。

しかし、ドレファスが振り上げた拳は自分自身の頬に命中する。

ドレファスが、デルドレーを傷つけようとしてしまうなんてと口走る。言動が自分でもおかしいと思うドレファスにデルドレーが説明する。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です