進撃の巨人 73 ウォール・マリア奪還作戦の真相。ミカサがエレンに声かけるもアルミンにエレンを奪われる。

幼児アルミンとエレン | 進撃の巨人

幼児アルミンとエレン | 進撃の巨人より引用

進撃の巨人 概要

進撃の巨人は、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。進撃の巨人のストーリーは、繁栄を築き上げた人類は、突如出現した“天敵”「巨人」により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。

進撃の巨人 第73話ネタバレストーリー・あらすじ「はじまりの街」

ウォール・マリア領は、人類に残された領土の1/3にあたる。5年前に、この領土を失った人間は多大な財産と人命を失った。

そして、それらの損失は始まりでしかない。残された二枚の壁の中で誰もがそう思った。私達はもう生きてはいけないのだと。

人類が明日も生きられるか。それを決めるのは人類ではない。すべて巨人に委ねられる。

なぜなら人類は巨人に勝てないのだから。

エレンの決意 | 進撃の巨人

エレンの決意 | 進撃の巨人より引用

エレンは憎しみに顔を歪ませ、涙しながらに誓う。駆逐してやる。この世から一匹残らず。と巨人を滅亡させる誓いを立てる。

だがある少年の心に抱いた小さな刃が巨人を突き○し、その巨大な頭を大地に踏みつけた。

それを見た人類は何を思っただろう。

ある者は誇りを。ある者は希望を。ある者は怒りを。叫びだした。

では、ウォール・マリアを奪還したなら人類は何を叫ぶだろう。

人類はまだ生きていいのだと信じることができるだろうか。

自らの運命は自らで決定できると信じさせることができるだろうか。

ウォール・マリア奪還 | 進撃の巨人

ウォール・マリア奪還 | 進撃の巨人より引用

ウォール・マリアさえ、奪還すれば。

エレン、ミカサ、アルミンたち、調査兵団はフードをかぶり、マントに身を潜めながら林を歩いていた。

足元が悪く滑る者もでてくる。足元を照らせと命令する。

リヴァイは麓はまだかと聞く。この山さえ越えればシガンシナ区はすぐそこだと応える。

ミカサは、エレンの馬も引く。エレンはミカサにすまないと謝る。ミカサはエレンはここで体力を消耗するのは得策ではないと判断して、エレンの馬の面倒をみることにした。

エレンの名前は禁句 | 進撃の巨人

エレンの名前は禁句 | 進撃の巨人より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です