はじめの一歩 1114 鷹村守の弱点

鷹村の空前のピンチを考える会長 | はじめの一歩

鷹村の空前のピンチを考える会長 | はじめの一歩より引用

鷹村はそんなバイソンの行動も押し返してやると強がる。右足の踏ん張りがきかないのでバイソンを押し返せない。バイソンの超近距離の打ち込みの連打をもらう。そのままコーナーに押し込まれる鷹村。

はじめの一歩 第1114話ネタバレ感想・考察

・目の疑いは会長的には晴れた?
・足の踏ん張りが利かなくて有効打を当てられない

防御面はバイソンの攻撃にクセがあると会長は思っているようだけど、バイソン側からみても、右フェイントによる左スイングだからそれほどの工夫はないんじゃないのかな。やっぱり、鷹村の目の問題ではなかろうか。会長の指の本数をどうやって言い当てたかはわからないけど。

攻撃面は絶望的。踏ん張りきかなくて有効打を与えられないならどうやってバイソンを沈めるのか。

2015年9月30日発売 今週のマガジン44号「はじめの一歩」を読んで。


はじめの一歩 1114 鷹村守の弱点」への1件のフィードバック

  1. てるてるぼうず

    一歩にプロのやり方を教えるために反則技をばれない様に出して勝利する
    一歩「これが人のままでは入っちゃいけない場所・・・」
    で終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です