孤独のグルメ シーズン5 第1話 川崎市稲田堤の焼肉【飯テロ】

井之頭五郎「はやく肉を焼べたい」

井之頭五郎は焼肉が待ち遠しくなる。ガーリックハラミ、タン塩、キムチ、白米がやってきて井之頭五郎は唸る。女店主がやってきて、井之頭五郎を初めての客だと察し、ここの店のタン塩の食べ方をレクチャーする。ごま油にたっぷりの胡麻をいれたタレで食べる。ガーリックハラミは味がついているからそのまま食べてと。女主人は他の客に呼ばれ、井之頭五郎の席から離れる。

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎「ここは正攻法のタン塩スタートだ」

井之頭五郎は、炭火の火加減を確認し、タン塩を焼き始める。井之頭五郎は丁寧にタン塩を焼きはじめる。タン塩をひっくり返せば、いいこげめがついている。

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎「いい眺めだ。あぶらが浮いてまいりました」

いただきますと割り箸を割るも、一口で食べるには少し大きいと思う井之頭五郎。ハサミで肉を一口大に切る。

井之頭五郎「この食べ方は初めてだ」

焼肉タン塩を食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉タン塩を食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

女店主に言われた通りに、タン塩を、胡麻たっぷりのごま油タレにつけて口に頬張る。

井之頭五郎「おーほほー。これはいい。こんなに胡麻たっぷりなんて初めて」

井之頭五郎は、レモンでもタン塩を食べてみる。

井之頭五郎「あー。ダブル胡麻の後だと、いつものレモンだと物足りなさを感じる。でも旨い」

焼肉タン塩を食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉タン塩を食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎は、タン塩を胡麻ごま油タレにたっぷりつけて、ご飯にのせて食べる。そして、ご飯をかっこむ。次にキムチを食べる。

井之頭五郎「お、このキムチ。歯ごたえとっても強しくん。うーまい」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です