孤独のグルメ シーズン5 第1話 川崎市稲田堤の焼肉【飯テロ】

キムチをご飯でまいて食べる。

焼肉ガーリックハラミ | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉ガーリックハラミ | 孤独のグルメ シーズン5より引用

次にガーリックハラミ。

井之頭五郎「このにんにくまみれ。いってみよう」

井之頭五郎がガーリックハラミを焼こうとすると女店主がやってきて、ガーリックハラミからガーリックを落として焼く。そうでないと焦げるからだという。焼けたら、落としたガーリックをのせてたべてという。

焼肉ガーリックハラミ | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉ガーリックハラミ | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎は、焼けたガーリックハラミを一旦皿に置き、落としたガーリックをのせる。そして、口に運ぶ。

井之頭五郎「うわ、そういうこと。なーるほど・ザ・ガーリック。あ~しあわせだな~」

なるほど・ザ・ワールドを使った親父ギャグ感想でガーリックハラミを堪能する井之頭五郎。そして、もう一度ガーリックハラミを口に運び、ご飯を食べる。

焼肉ガーリックハラミを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉ガーリックハラミを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎「これはヤバイ。ガーリックハラミ。にんにくパンチ炸裂」

別の6名の客が入ってくる

井之頭五郎は、ガーリックライスを堪能して、メニューを見る。ロースはないのかと。豚肉経由のカルビで締めを考える井之頭五郎。

ガーリックサラダ | 孤独のグルメ シーズン5

ガーリックサラダ | 孤独のグルメ シーズン5より引用

別のテーブルに運ばれて来たガーリックサラダを見て、あれも美味しそうだと見る井之頭五郎。遠目からでもガーリックが乗っていることがわかるほどのガーリックの量。

井之頭五郎「見ただけでわかるにんにく○人サラダ。ひとりで食った日には翌日誰にも会えんぞ」

五郎's セレクション2 サムギョプサル 上カルビ | 孤独のグルメ シーズン5

五郎’s セレクション2 サムギョプサル 上カルビ | 孤独のグルメ シーズン5より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です