孤独のグルメ シーズン5 第1話 川崎市稲田堤の焼肉【飯テロ】

井之頭五郎は悩む。タレも食べてみたいと悩む。サムギョプサルと上カルビをタレでと注文すると女店主は、初めてなら塩のほうがいいわよという。塩ならタレにつけても食べられるからと。井之頭五郎はその女店主の提案を受け入れる。

焼肉サムギョプサル | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉サムギョプサル | 孤独のグルメ シーズン5より引用

女店主はまた当店のこだわりを話し始める。サムギョプサルはサンチュで食べるのではなく、きゅうりとネギをのせて食べるという。肉をそのまま焼いて、焼けたらハサミで切ってと。そして、素手で網を交換する。

焼肉サムギョプサルを焼く井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉サムギョプサルを焼く井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

肉が焼ける焼肉の音を聞いて、

井之頭五郎「良い音。良い音色だ」

井之頭五郎「煙が目に染みる。スモークゲッツインユア会津磐梯山。これは宝の山だぞ」

と肉を焼く焼肉を楽しむ井之頭五郎。頃合いでサムギョプサルを切る井之頭五郎。そして、きゅうりとネギをのせて食べる。

井之頭五郎「うほ、これは豚うま。肉のつけ込みがいい」

焼肉サムギョプサルを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉サムギョプサルを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

井之頭五郎「紆余曲折を経て、きゅうりとネギにたどり着いたのだろう。無言の説得力がある」

井之頭五郎は、2口目のサムギョプサルを口に運ぶ。

井之頭五郎「それぞれの肉にそれぞれの焼き方があり、食い方がある。お母さん。あなたは焼肉の求道者だ」

井之頭五郎は女店主がみてないところで敬意を込めて頭を下げる。

焼肉上カルビ | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉上カルビ | 孤独のグルメ シーズン5より引用

そして、締めに上カルビ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です