キングダム 448 慶舎vs尾平「へ?」

慶舎vs尾平 | キングダム

慶舎vs尾平 | キングダムより引用

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダム 第448話ネタバレストーリー・あらすじ「戦場の匂い」

飛信隊は、敵軍を抜いて、開けた場所にやってくるも待ち伏せの弓兵に強襲され、撤退する。飛信隊は、相対する馬呈・劉冬隊の巧みなゲリラ戦術で翻弄され、前線を押し上げられずにいた。

黒羊戦序盤各軍配置 | キングダム

黒羊戦序盤各軍配置 | キングダムより引用

全体的に、右軍の飛信隊の前線は劣勢で、趙軍の先鋒隊が中央丘のほんのわずかのところまで進軍していた。

黒羊戦中央丘付近 | キングダム

黒羊戦中央丘付近 | キングダムより引用

慶舎は、まだ中央の丘に本陣は登らないという。その判断に紀彗は、慶舎が思った以上に用心深いと考えるもその思いを看破されて、慶舎は用心深いわけではないと否定する。

桓齮の意図を読み取ろうとする慶舎 | キングダム

桓齮の意図を読み取ろうとする慶舎 | キングダムより引用

慶舎は、まだ桓齮の手の内が見えないからだと答える。

その時、趙軍右軍に動きがあった。桓齮軍の雷土隊とゼノウ一家を投入して猛進軍していた。ゼノウ一家の強さはケタ違いだった。

桓齮軍雷土隊二番隊の尾平 | キングダム

桓齮軍雷土隊二番隊の尾平 | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です