キングダム 449 桓齮軍の強さの秘密。元大野盗団ならではの「知恵」

桓齮将軍 | キングダム

桓齮将軍 | キングダムより引用

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダム 第449話ネタバレストーリー・あらすじ「蜘蛛の罠」

桓齮は、中央丘を取られるのを阻止すべく、慶舎軍の先鋒隊の背後を打つために、雷土隊とゼノウ隊を慶舎軍右軍を突破して背後を取ろうとしていた。

その快進撃をみて慶舎は手を打ってきた。

岳嬰 | キングダム

岳嬰 | キングダムより引用

慶舎軍岳嬰隊が雷土・ゼノウ隊の行く手を阻む。

部隊が正面衝突したことを知る慶舎軍。

紀彗が雷土・ゼノウ隊の強さを考慮して岳嬰隊の心配をするが、岳嬰隊の信頼は厚く。さらには慶舎自身が打って出たことで心配いらないという。

慶舎は、桓齮の策を打ち破るために突出した雷土・ゼノウ隊を孤立させて撃破する策にでる。

そのため、慶舎自身で雷土・ゼノウ隊の第二部隊を攻撃し、隊を分断するつもりだった。

慶舎vs尾平 | キングダム

慶舎vs尾平 | キングダムより引用

そんな慶舎と尾平は正面から激突する。

慶舎の一太刀を受けて、尾平の持っていた槍はひしゃげる。

そして、尾平は後続の敵騎馬に蹴られ、茂みに突っ込み。命には別状はなかった。その場で身を潜めて、慶舎軍をやり過ごそうとする。

慶舎軍は、桓齮軍を悉く葬っていく。奇襲だけではなく、武力の差が圧倒的だった。

慶舎 | キングダム

慶舎 | キングダムより引用

尾平は、草むらに隠れながら敵の話を聞いていた。そこに「慶舎」という敵軍総大将の名前を聞き、驚愕する。そして、敵の作戦を聞く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です