アイアムアヒーロー 226 クルスvs人間たち

誰だと聞かれて素直に応えるクルス | アイアムアヒーロー

誰だと聞かれて素直に応えるクルス | アイアムアヒーローより引用

アイアムアヒーロー 概要

アイアムアヒーローは、ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーロー 第226話ネタバレストーリー・あらすじ

梯子車からビルの入り口に到着する人質。

人質は、桐谷と名乗り、隊長と呼ばれる男と話をする。

人質・桐谷は合図のしりとりをする | アイアムアヒーロー

人質・桐谷は合図のしりとりをする | アイアムアヒーローより引用

隊長は「しりとり」といい、なんで武器がひとつだけなんだ、と聞く。桐谷は、「だ」から始まる言葉を考える。

桐谷は、だって女子中学生がいたので浅田教の教え通りに人命優先と考えましたと応える。

隊長は「た」から始まる言葉で、たとえ人命救助とはいえ、二人いるんだから武器2台持ってこれるだろうと武器が減ったことを責める。

桐谷にしりとりを仕掛ける隊長 | アイアムアヒーロー

桐谷にしりとりを仕掛ける隊長 | アイアムアヒーローより引用

桐谷は「う」から始まる言葉を探し、運搬も可能だったが女子中学生の体調などでもってこらなかったことを言い訳すると、隊長はコロリ隊が武器回収しても武器紛失の失態が中途半端になるという。

桐谷は、また「う」から始まる言葉を探し、本心が思わずでる。うるさいと言われ、隊長は誰がいったのかと追及する。

そのとき、隊長は仮面をかぶったクルスを見て、デブでないことを知り、誰かと訊ねるもクルスは素直にクルスだと応える。

クルスは、梯子を駆け上り、隊長のところまでやってくる。そして、隊長が次の行動をとる前に、クルスは口の中に手を突っ込み、隊長は外へ投げ捨てる。高所から落ちた隊長は脳をアスファルトにぶちまけ助からなかった。

ビルの中の仲間たちは、隊長が落ちて、敵襲だということに気づかない。クルスは服を嫌がり着替える。

誰だと聞かれて素直に応えるクルス | アイアムアヒーロー

誰だと聞かれて素直に応えるクルス | アイアムアヒーローより引用

ビルの中の人間たちは、クルスに何者かと聞くもクルスは、クルスだってばと素直に応える。

そして、クルスの戦闘が始まる。最初の一人に飛び掛り、オフィスのデスクの上を飛び移りながら次の目標に近づいて行くクルス。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です