いぬやしき 43 獅子神皓「拡散お願いします」

獅子神皓「拡散お願いします」 | いぬやしき

獅子神皓「拡散お願いします」 | いぬやしきより引用

いぬやしき 概要

家庭では、信頼も威厳もない。会社では出世もない。そんな冴えない58歳の初老の主人公いぬやしきがある日宇宙からの落下物で命を落としてしまう。しかし、その落下物は未知のテクノロジーを持ち、機械として蘇る。

いぬやしき 第43話ネタバレストーリー・あらすじ「拡散お願いします」

オフィスで虚ろな表情でうつむく女性。上司の男性に声をかけられ、ランチに誘われる。女性は男性と食事にいくも、サンドイッチだけと聞くも仲尾と呼ばれた女性は「はい」とモソモソとサンドイッチを食べて応えるだけ。

男性は切り出しにくそうに、病院に行っているのかと聞く。仲尾は「はい」と短い返事を返すだけ。男性は薬を飲んでいるのかと聞くと、仲尾はまたも「はい」と返事するだけ。

仲尾は薬をテーブルに出す。

男性は、ガンの薬かと聞くと仲尾は痛み止めだと短く応える。

男性は、ガンかと予想があたり、仲尾のかける言葉が見つからない。

末期がん患者仲尾 | いぬやしき

末期がん患者仲尾 | いぬやしきより引用

男性は、手術がいつかと訊ねるも仲尾は、手術はしないという。転移が早くて手遅れだったという。親御さんは知っているのかと聞くと、母親だけで、その母親も体弱くて入院しているから伝えていないという。男性は続けて、彼氏とか一緒に過ごしてくれる人はと聞かれ、いないという仲尾。

男性の「一人ぼっちか」という言葉に涙を流す仲尾。

男性は、俺にできることがあったら遠慮なく言ってねという。

仲尾は退社し、涙を流しながら歩きスマホをし、コンビニで立ち読みをする。

仲尾は、電車のホームでツイッターに「さようなら」とメッセージを送って電車に飛び込み自○しようとするもできず、思いとどまる。

仲尾は、公園のベンチに座って、もっと生きていたいという思いから涙が溢れ出る。

末期がん患者仲尾 | いぬやしき

末期がん患者仲尾 | いぬやしきより引用

一目も気にせず、泣きじゃくる仲尾。

仲尾は、ツイッターで不治の病や末期ガンの方をなんとかできるかもしれないというツイートを発見する。

バカにしてると思いつつも藁にもすがる思いで、待ち合わせで連絡をとる。

待ち合わせの場所で待っている男があわられる。

獅子神皓だった。

獅子神皓は、仲尾の手をとって、明日、病院で検査してくださいという。

治ってたらツイートを拡散してほしいとお願いする。

末期ガンが完治した仲尾に笑顔が戻る | いぬやしき

末期ガンが完治した仲尾に笑顔が戻る | いぬやしきより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です