闇金ウシジマくん 384 直接対決ウシジマvsハブ

ウシジマ | 闇金ウシジマくん

ウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 概要

闇金ウシジマくんは、10日5割の超○利闇金融『カウカウファイナンス』の営業者・丑嶋馨の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。

闇金ウシジマくん 第384話ネタバレストーリー・あらすじ

熊倉は、ウシジマに車で逃走するように支持を出すも、ウシジマはトランクで使えるものを確認する。

熊倉は、カタギのウシジマに何ができるかというもウシジマは、ハブをやるつもりだった。

熊倉は、ウシジマに説得を試みるも戦うつもりだ。

消火器などをハブのアジトに運び入れる。

熊倉は、猪背の本部に連絡をいれろというも電話番号を知らないという。熊倉は、ウシジマの携帯を使って猪背の本部に連絡をとろうとするも携帯電話の電源が入らない。

充電切れなので充電するとのんきなことをいうウシジマ。

熊倉は、ハブの部下の○体の近くに携帯電話が落ちてるかもしれないから探せというと、ウシジマは舌打ちをしながらもハブの部下の○体の近くを調べる。

落ちてた携帯を見つけるも熊倉には渡さず、ハブをはめるために使うと考えるウシジマ。

ウシジマは、灯油と消火器を用意し、ビニール袋に灯油を入れ、袋詰めにする。そえrを複数つくり、周りに丸めたティッシュを置く。さらにその上から灯油をかける。

ウシジマ | 闇金ウシジマくん

ウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

そして、嗜好品に火をつけられえるレーザーポインタを使って、ここでハブをしとめる計画だ。

そこにハブが部下二人を連れて返ってくる。

熊倉と加納がいないことに気づき、最上とマサルに電話する。

仕掛けところに置いた最上の携帯の着信音がなり、ハブたちはそっちに向かって行く。

ウシジマ | 闇金ウシジマくん

ウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

ウシジマは、仕掛けの近くまで来たハブに狙いを定めるもウシジマの携帯電話がなる。熊倉がマナーモードを解除してしまっていた。

その音に気づいたハブは、仕掛けから離れ、ウシジマが身を潜めるほうにやってくる。

ハブ | 闇金ウシジマくん

ハブ | 闇金ウシジマくんより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です