GANTZ:G(ガンツG) 1 伝説のSF漫画「GANTZ(ガンツ)」のスピンオフ作品がついにミラクルジャンプにて新連載開始!

黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)

黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

GANTZ:G(ガンツG)概要

GANTZ:G(ガンツG)は、SF漫画「GANTZ(ガンツ)」のスピンオフ漫画。原作は「GANTZ(ガンツ)」の作者・奥浩哉。作画は、イイヅカケイタ。GANTZ:G(ガンツG)は、2005年のある日、修学旅行中の高校生を乗せたバスが事故をして、高校生一同がガンツルームに転送されるところから始まる。過酷なハンティングゲームに何人生き残れるか。

GANTZ:G(ガンツG)第1話今回のネタバレストーリー・あらすじ「ある少女たち」

2005年のある日、高校生一同が修学旅行でバスに乗車していた。

車内では、マイクが順番に回され、生徒たちがカラオケをしている。

ゲームをしたり、隣の席の友人と話したり、イヤホンで静か一人で音楽を聴いていたり、と各々が楽しんでいる。

蛍ちゃんと呼ばれた女の子は、隣のめがねの子にマイクが回ってきたら何を歌うのか聞かれた。

黒名蛍は、自分が音痴なことを知っているのでマイクが回ってきても歌いたくなかった。なので、パスすると謝る。

桜井くんと松本くん | GANTZ:G(ガンツG)

桜井くんと松本くん | GANTZ:G(ガンツG)より引用

イケメンの桜井と松本が「青春アミーゴ」を歌いだし、女子たちから黄色い声が飛び交う。

池上 | GANTZ:G(ガンツG)

池上 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

長い黒髪の池上も歌うと男子が盛り上がる。

梶 | GANTZ:G(ガンツG)

梶 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

梶にマイクが回ってきても梶は無視する。

内木(ナイキ) | GANTZ:G(ガンツG)

内木(ナイキ) | GANTZ:G(ガンツG)より引用

男子が、内木(ナイキ)にマイクを渡すと、内木(ナイキ)は、隣がいないからいいよと断るも順番だから歌えよと強要される。

そこで歌が「世界に一つだけの花」が流れ出す。内木(ナイキ)は歌うといっていないのに、内木(ナイキ)が歌うと他の男子が宣言をする。

強要されるのと見て、蛍は、内木(ナイキ)の席にやってきて、マイクを取り、歌いだす。

蛍の音程が外れているのを他の生徒たちが笑う。

そのとき、バスが大きく揺れる。

左に車線変更をし始め、隣の車線の車に衝突しながらバスが走行を続ける。

教師は、誰か運転席にという。桜井と松本が通路は這って行きながら運転席にいくも運転手はハンドルに覆いかぶさり意識がない。

バスは車と衝突し、大きく揺れて、桜井と松本は後方に飛ばされる。

蛍が、クラウチングスタートの構えからダッシュで桜井と松本を飛び越え、運転席までいく。運転手を見ると、運転手は息をしていないことを知る蛍。

教師は、蛍にアクセルをあげるように指示するも運転手の足がなかなか動かない。

そうこうしているうちに、大きな衝突音と振動と共にフロントガラスが真っ暗になる。

バスは、ガードレールを突き破り、高架下に落ちて行く。

次に気づいたときには、古い学校の教室のようなところで目覚める。

修学旅行のバスにいた生徒たち全員がいて、皆が戸惑っている。

蛍は内木(ナイキ)が無事なことを確認して安心する。

教師は、運転手に事情を聞きに行くも運転手も分からない。

中央に鎮座した黒い球体を調べている者や、窓が開かないと窓を調べる者。

そんな中で、今回は多いなと話す修学旅行生ではない二人組みがいた。

その二人は、教室内のみんなに呼びかける。

その二人は、これからのことを話し始める。

これから違う場所に転送される。その先で、星人と呼ばれる生き物をハンティングするゲームを強要される。いっぱい○して、点数を集めないと自由になれないともいう。星人に○されたら本当に○んでしまう。

黒い球からしばらくすると指令が出るという。この球体のことを「ガンツ」と呼んでいるという。

ガンツの中には、一人ずつ、オートクチュールのスーツが入っていて、そのスーツは絶対に着て欲しいという。着ない人はすぐ○ぬともいう。

そこまでいうと教師が、その二人組に話しかけるも、二人組は教師に謝り、静かに座る。

誰も二人の話の意味がわからなかった。

すると、突然が聞こえてくる。

「ガンツ」と呼ばれる黒い球体の表面に文字が現れる。

てめえ達の命は、
無くなりました。

新しい命をどう使おうと
私の勝手です。

という理屈なわけだす。

と。その文字の本当の意味を理解するものは、修学旅行生の中に誰一人いなかった。

「ガンツ」と呼ばれる黒い球体の側面と背面が開き、武器のようなものが納められていた。

「ガンツ」と呼ばれる黒い球体の表面の文字が変わり、ライオンのような顔が映し出され、指令が書かれてあった。

けだもの星人 | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

てめえ達は今から
この方をヤッつけに行って下ちい

けだもの星人

特徴
つよい
けものくちい
よく食べる

好きなもの

人間

口ぐせ
がるるおおお

生徒たちは、ガンツから出てきた武器を手にとったり、スーツを見たりしている。

謎の二人 | GANTZ:G(ガンツG)

謎の二人 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

教師は、再び、二人組にテレビか何かかと聞くも二人組は、今回も生き残りは俺達だけかなと転送されていく。

そして、次々と生徒達も転送されていき、悲鳴が上がる。

蛍は、自分の名前が書いてあるスーツケースを持ち、内木(ナイキ)の名前が書かれてあるスーツケースを内木(ナイキ)に渡す。

転送された場所は下野動物園。

GANTZ:G(ガンツG)第1話今回のネタバレ感想・考察

待望のガンツスピンオフ作品が連載開始されて楽しみが一つ増えた。

ガンツ本編の結末に賛否両論あるから、結末があれじゃあとスピンオフ作品を期待していない声も聞こえるけど、必ずしも同じ結末ではないんじゃないかなと思う。

今回の主人公は女の子。でも名前は「黒名 蛍」。本作の「玄野 計」に似ている。ジョジョリオンのように名前が近しい感じでつけたのか、ジョジョのプッチ神父が一周した世界にしたように、パラレルワールドなのか。そんな設定かもしれない。

ガンツの初期は、強要されるハンティングゲームの理不尽極まりない感じが好きで、絶望に次ぐ絶望で、毎回仲間が○んでいるところが好きだったけど、今回は修学旅行の高校生一同ということで、多少は生き残るだろうか。

桜井、松本のイケメンコンビは銃を持ってるし、池上と梶もスーツケースを持ってる。蛍とナイキもスーツ持ってるので、この6人は生き残りそう。

ミラクルジャンプは月刊誌か。週刊で読みたい。

2015年11月17日発売 今月のミラクルジャンプ12月号「GANTZ:G(ガンツG)」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です