闇金ウシジマくん 386 加納のカタキをとるウシジマ、そして肉蝮乱入

肉蝮は、ウシジマの車の運転席側のサイドガラスをぶち割る。

闇金ウシジマくん 第386話ネタバレ感想

上手く逃げないと、猪背からも追われることになるウシジマ。

毒蝮と戦っている間に、猪背組の連中がきたら話がややこしくなりそう。

ハブは、身に降りかかった火の粉を払っただけといえるだろうけど、熊倉はどうするのだろうか。ハブがやったということにできるだろうか。

2015年11月21日発売 今週のスピリッツ51号「闇金ウシジマくん」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です