ブラッククローバー 39 黒の○牛の一人・鏡の魔道士(シスコン鼻血先輩)ゴーシュの鏡魔法の力

黒の○牛の一人・鏡の魔道士(シスコン鼻血先輩)ゴーシュ | ブラッククローバー

黒の○牛の一人・鏡の魔道士(シスコン鼻血先輩)ゴーシュ | ブラッククローバーより引用

ブラッククローバー 概要

魔神に滅ぼされそうになるが一人の魔道士が救い、魔法帝となる。魔法帝が魔道士たちの頂点に君臨する世界。15歳になると魔道書(グリモワール)を授かり、魔法騎士団に入団していく。主人公アスタは魔力がほぼないことから魔道書(グリモワール)を最初授からなかったが五つ葉のクローバーの魔道書を授かり、魔法を無効化する剣を所持する。そして、魔法帝を目指す。

ブラッククローバー 第39話ネタバレストーリー・あらすじ「鏡の魔道士」

ゴーシュは、倒した敵を山積みにしたその頂上で腰を休める。

その人の山にゴーシュは問う。どう○にたいかを。

相手は、命乞いをする。村を襲わないと約束する。

ゴーシュは、足蹴にしている足の動きを止めて、今回は○さないでやるという。理由は、妹マリーの誕生日だからという。ゴーシュは妹マリーの写真がはいったロケットを開いて鼻血を出してニヤける。

そして、妹マリーの誕生を祝えと強制するゴーシュ。

黒の○牛の一人・鏡の魔道士(シスコン鼻血先輩)ゴーシュ | ブラッククローバーの妹マリー | ブラッククローバー

黒の○牛の一人・鏡の魔道士(シスコン鼻血先輩)ゴーシュ | ブラッククローバーの妹マリー | ブラッククローバーより引用

ゴーシュは魔法騎士団の仕事を終え、マリーが暮らす街、平界のネアンに着く。

仕事で遅刻した償いにオモチャをいっぱい買ってきたゴーシュ。そして、鼻血を出すゴーシュ。

そして、帰ってくるとそこにはアスタがいた。アスタは子供達と戯れ、妹マリーもアスタと遊んでいた。

青ざめるゴーシュは、即座にアスタを足蹴にする。

妹マリーと遊んでいるアスタに○意を覚えるシスコン鼻血先輩ゴーシュ | ブラッククローバー

妹マリーと遊んでいるアスタに○意を覚えるシスコン鼻血先輩ゴーシュ | ブラッククローバーより引用

ゴーシュは、月に1回しか会えない妹と今日、その募った思いを解き放ち、妹を愛でに愛でイチャコラウハウハする予定が先になんてアスタが愛でてんだと鼻血出しながら怒る。

アスタは、前回の合コンで意気投合したレベッカのところに遊びにきていたという。

アスタは、マリーのことを可愛いというとゴーシュは色目を使うなとアスタをまたも足蹴にする。

アスタと結婚するという妹マリーの発言に石化するシスコン鼻血先輩ゴーシュ | ブラッククローバー

アスタと結婚するという妹マリーの発言に石化するシスコン鼻血先輩ゴーシュ | ブラッククローバーより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です