アポカリプスの砦 最終話 真のエンディングはコミック10巻にて完全描き下ろし

最終話 | アポカリプスの砦

最終話 | アポカリプスの砦より引用

アポカリプスの砦 概要

ある日、(冤罪)無実の罪を着せられて無期懲役の判決を受ける前田義明。関東中の不良が集まる青少年矯正施設・松嵐学園に収監された前田は学園内でも曲者たちの監房に入れられる。そんな無秩序と○力の世界に入った前田だった。外の世界では人間を貪り喰らうゾンビたちが発生してゾンビは施設内にも侵入しいやおうなしに戦うことになる。

アポカリプスの砦 最終話ネタバレストーリー・あらすじ「GUARANTEED 2」

できたワクチンをりっくんに注射しようとすると、りっくんは嫌がる素振りをする。

花畑は、チクっとするだけだからとりっくんの体を抑える。

注射する前に女医はいう。

ワクチンを注射したとしても薬は臨床実験などしていないからどこまで効くかわからない。特にM型がだいぶ進行しているりっくんの場合は効果があるかわからないという。

謝る女医。

なので投薬後はこの施設にとどまって経過観察することを勧める。

しかし、花畑はりっくんと北にいくという。

最終話 | アポカリプスの砦

最終話 | アポカリプスの砦より引用

花畑は、薬が効くに越したことはない。しかし、効いても効かなくてもどっちでもいいという。

花畑は、りっくんとともに施設で出て行った。

次に女医は一ツ兜に薬を渡し、注射はできるかと聞かれると一ツ兜は、施設にはその辺の看護師より注射が上手い奴はゴロゴロいるという。

最終話 | アポカリプスの砦

最終話 | アポカリプスの砦より引用

そして、ドアの前まで歩いた一ツ兜は、笑う。このような地獄の状況を乗り越えたことに、吉岡一同を褒める一ツ兜。そして、一ツ兜は、吉岡及び他4号室全員を松嵐学園を卒園することを認めるといい、部屋を後にした。

次に、前田が注射される番。

すると吉岡が、前田に注射うってやろうかと言い出す。

女医は経験云々のことを持ち出すが、前田が吉岡に打ってもらいたいという。

最終話 | アポカリプスの砦

最終話 | アポカリプスの砦より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です