ベルセルク 342 連載再開!妖精島へ上陸するガッツたち

ファルネーゼが、ガッツに何かを言いかけたが止めた。

ガッツ一行は、丘を登って行く。

そこに現れたのは、石に渦巻きの模様が書かれたものだった。その石は無数にある。

シールケは何か思い当たることがある。

そんなことはかまわずにイシドロが勝手に歩き出す。

しかし、イシドロは先に進むどころか、ぐるぐると石の周りを回りながら最後には、ガッツたちのもとに戻ってくる。

イシドロは、まっすぐにしか歩いていないつもりでも戻ってきたのだ。

パックは、以前にこんなものはなかったという。シールケは、世界が変革した日以降に造られたと見ている。

結界と見抜くシールケ | ベルセルク

結界と見抜くシールケ | ベルセルクより引用

これは島に立ち入る者を迷わせ送り返すための結界だという。

解決法はパックにあるという。

パックの体に紐を結びつけて、その紐を持って歩く。

元々、妖精島の住人のパックには結界は効かないだろうという。

森の木々の陰から誰かが話している。ガッツたちをみても結界を抜けられないと安心している。しかし、パックのおかげで結界を抜けるガッツ一行を見て、焦るもスケアクロウがあるから大丈夫だという。

うずまきの石の一帯を抜けたガッツ一行は、カボチャの畑にたどり着く。

イシドロが巨大なカボチャを手にとる。カカシに近づくとパックが忠告する。魔法の畑だから、作物に触れるとカカシに襲われるという。

するとカカシが動き出す。

追いかけられるイシドロ。

イシドロを助けるガッツ | ベルセルク

イシドロを助けるガッツ | ベルセルクより引用

そこにガッツの大剣がカカシに炸裂する。

カカシに囲まれたガッツ一行。

ベルセルク 第342話ネタバレ感想・考察

妖精島というけど、いるのはシールケのような魔法使いなのか。元々妖精島にきたのはキャスカのためだっけ。もう長過ぎて忘れちゃったんだけどw

2015年11月27日発売 今週のヤングアニマル23号「ベルセルク」を読んで。

ベルセルク 概要

ベルセルクは、中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー。黒い剣士編から始まり、黄金時代、断罪篇(ロスト・チルドレンの章、縛鎖の章、生誕祭の章)、千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇(聖魔戦記の章、鷹都(ファルコニア)の章)、幻造世界(ファンタジア)篇(妖精島の章)と続いている。

ベルセルクが連載されているヤングアニマルについて

『ヤングアニマル』は、白泉社の発行する月2回刊の漫画雑誌。発売日は毎月第2・第4金曜日。 1992年に創刊。略称は「YA」「ヤンアニ」。単行本のレーベルとして「ジェッツコミックス」がある。2000年代以降は数々のメディアミックスの試みがなされた。既に1990年代において先述の『砂の薔薇』『ぶっとび!!CPU』等がOVA作品でアニメ化、また『ベルセルク』がTVアニメとして映像化されていた背景もある。2000年代に入ってからは実写作品への進出が目立ち、2000年に『ふたり行為』、2004年に『ああ探偵事務所』、2005年に『ホーリーランド』が、それぞれTVドラマ化されている。また2006年には『ユリア100式』がオリジナルビデオ、2008年には『デトロイト・メタル・シティ』が実写映画として製作された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です