闇金ウシジマくん 388 肉蝮の強さを認めるウシジマ

肉蝮の強さを認めるウシジマ | 闇金ウシジマくん

肉蝮の強さを認めるウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 第388話ネタバレストーリー・あらすじ

肉蝮に襲われていたウシジマにグッドタイミングで柄崎が登場。弱ったウシジマにとどめを誘うと凶器を振りかぶっていたところに柄崎がトラックで肉蝮を跳ねる。

スタンガンを持ってウシジマはうずくまる肉蝮に近寄る。

トラックに跳ねられてまで、肉蝮はウシジマに悪態をつく。そんな肉蝮に少し感心するウシジマ。

肉蝮は、タイマンじゃ勝てないから卑怯な手を使いやがってと不意打ちをした肉蝮が吼える。

するとウシジマは素直に認める。タイマンだと肉蝮が強いと。

スタンガンを向けられた肉蝮は、ウシジマにやれと覚悟を伝える。

ウシジマは何故肉蝮をやらないといけないのかと当人に聞き返す。

肉蝮は、厳つい人をやったところを見たという。

肉蝮に車の修理代・慰謝料・迷惑料、500万円を請求するウシジマ | 闇金ウシジマくん

肉蝮に車の修理代・慰謝料・迷惑料、500万円を請求するウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

ウシジマは、幻覚だという。ポン中野郎に誰も耳を貸さないという。それよりも車の修理代と慰謝料・迷惑料として500万円もってこいと肉蝮に請求する。

肉蝮は誰が払うかと悪態つくと、ウシジマは払えないならトゴで貸してやるという。そして、スタンガンで肉蝮の頭部を殴る。

柄崎は、ウシジマに肩を貸して、大丈夫ですかと声をかける。

柄崎は、ハブたちはどこかと聞く。トラックで突っ込むつもりだというとウシジマは終わったという。そして、柄崎は加納の所在を聞くと、ウシジマは黙る。その表情で○んだことを察し、柄崎は涙を浮かべる。

フロントガラスが割れた車に戻ったウシジマ。電話を見ると58回の着信履歴があった。滑皮からだ。

ウシジマは滑皮にかけなおす。滑皮は、ウシジマの所在とウシジマにつけていた部下二人がハジかれていることを問い詰める。

シラを切るウシジマ。

加納を見捨てたと思い、ウシジマをクズ野郎と思う滑皮 | 闇金ウシジマくん

加納を見捨てたと思い、ウシジマをクズ野郎と思う滑皮 | 闇金ウシジマくんより引用

滑皮は、ウシジマがハブのアジトに向かったのでは聞いてもウシジマは滑皮の銃が使えなかったことをいい、遠まわしに逃げたことを匂わす。それを聞いた滑皮は元部下の加納を見捨てたクズ野郎だとウシジマを批判する。

滑皮は、人を回すから所在を教えろというも電話を切ろうとするウシジマ。

滑皮は、鳩山組長が呼んでるから来いという。

滑皮たちから身を隠そうとするウシジマ | 闇金ウシジマくん

滑皮たちから身を隠そうとするウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です