GANTZ:G(ガンツG) 2 ガンツスーツに着替えたナイキと黒名蛍

ガンツスーツを着たナイキと蛍 | GANTZ:G(ガンツG)

ガンツスーツを着たナイキと蛍 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

GANTZ:G(ガンツG)第2話今回のネタバレストーリー・あらすじ「動物園にて」

ガンツに転送された修学旅行をしていた高校生たち。見知った下野動物園前にいた。

蛍は、下野動物園に「けだもの星人」がいるのかと恐れを感じるもクラスメートから帰ろうと声をかけられる。

教師も生徒達を帰宅へと誘導する。

それを止めたのは、謎の二人組。

頭の中に爆弾があることを忠告するガンツ経験者 | GANTZ:G(ガンツG)

頭の中に爆弾があることを忠告するガンツ経験者 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

そっちに行くと○ぬという。頭の中に爆弾が入っているから逃げられないという。ゲームをやるしかないと。

しかし、その本当の意味を理解できる者はいなかった。謎の二人の忠告を無視して、教師は生徒を帰宅へと誘導する。

少し戸惑う蛍。

蛍はクラスメートに手を引っ張られる形で動き出す。

謎の二人は、修学旅行の高校生達が動物園に戻ってこなさそうとわかると、仕方なく動物園に向かうことにした。

教師やバスの運転手の大人たちは、学校や会社に連絡して説明しないとというも、どう連絡すればいいか悩む。バスに乗っていたら突然動物園の前にいたなんて誰も信じない。

エリア外に出て、頭の爆弾から警告音が鳴る | GANTZ:G(ガンツG)

エリア外に出て、頭の爆弾から警告音が鳴る | GANTZ:G(ガンツG)より引用

するとどこからともなくポンポロパンポロと携帯電話のマヌケな着信音のようなものが鳴り響く。

少し戸惑う高校生達。教師は、謎の男たちの忠告を気にしているのかと再度、帰宅を促す。

頭の爆弾が破裂して頭が吹き飛ぶ | GANTZ:G(ガンツG)

頭の爆弾が破裂して頭が吹き飛ぶ | GANTZ:G(ガンツG)より引用

バスの運転手が公衆電話を見つけて、走っていこうとすると頭が吹き飛ぶ。それに続き、大人と数人の生徒の頭が吹き飛ぶ。生徒たちは泣き叫ぶも次々と頭が吹き飛ばされていく。

誰かが叫ぶ。戻れと。

その言葉に従い、皆は必○に動物園入口まで走る。

動物園入口まで戻ってきた高校生達は、頭が吹き飛ぶ現象が止んだ。次に襲われたのは嘔吐だった。突然の出来事に体が拒絶反応を起こした。

意味わからない。
帰りたい。
先生もバスガイドも○んじゃった。
と口々に話しをする。

その中で、松本が謎の男の行方を捜す。

そこで内木(ナイキ)が謎の二人組のいうとおり戦うしかないと生徒全員に呼びかけをする。ガンツから持ってきたスーツケースを持っている人は集まってほしいという内木(ナイキ)。

ナイキがスーツケースを持った生徒を集めるも6名しかいない | GANTZ:G(ガンツG)

ナイキがスーツケースを持った生徒を集めるも6名しかいない | GANTZ:G(ガンツG)より引用

集まったのは6人。その人数に内木(ナイキ)は愕然とする。

スーツケースを持っていたのは

内木(ナイキ)
黒名蛍
蛍の仲良しのメガネの子宮崎
クラスでも人気の高い池上
馴れ合いを好まない梶
そして、森下
の6名。

桜井や松本にそれでどうするんだと言われ、内木(ナイキ)なスーツケースの中に生き残るための何かがあると開けて見ると見慣れない服だった。

スーツケースの中のガンツスーツをコスプレという池上 | GANTZ:G(ガンツG)

スーツケースの中のガンツスーツをコスプレという池上 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

池上は、コスプレの服だという。

ガンツスーツを持ってる6人で皆を守るというナイキ | GANTZ:G(ガンツG)

ガンツスーツを持ってる6人で皆を守るというナイキ | GANTZ:G(ガンツG)より引用

内木(ナイキ)は、この服が体を守ってくれるはずだと考える。桜井と松本は服を持っていない自分達は○ぬしかないのかという。内木(ナイキ)はスーツのある6人でみんなを守るという。だから持っている武器を渡して欲しいと。

梶は、みんなを守るということに文句をいい、池上はコスプレはしたくないという。桜井も武器は渡したくないという。

蛍は着てくるという。それにつられて宮崎も着てくるという。

トイレで着替えてきた蛍と宮崎が内木(ナイキ)の元に戻る。内木(ナイキ)も着替えていたが誰もいなくなっていた。皆は、言っちゃったという。

動物園内に入った、内木(ナイキ)以外の生徒たちは、どこに向かってるかはわからないが、出口までいったら出られるかもしれないと出口を目指すことにした。

突然、檻の中から鳴き声が聞こえる。サルかと思うも檻の中は真っ暗で何も見えない。

すると、通路のど真ん中に何か立っている。

謎の動物が行く手を阻む | GANTZ:G(ガンツG)

謎の動物が行く手を阻む | GANTZ:G(ガンツG)より引用

フラミンゴのように長い足を片足で立つ頭がサルのような動物が立っている。

女子たちに言われて、銃を構える桜井と松本。

先ほどのサルのような鳴き声は檻の中ではなく、檻の上にいた。体がサルで頭が鳥。そんな奇怪な動物が檻から降りてくる。

その他にも頭が兎で体が鹿。ボールのようなフクロウの頭が転がってきたり。奈良の鹿のように生徒達に集まってくる。すると横からマントヒヒを更に大型にしいたような動物が現れて、高校生達は驚く。

けだもの星人か!? | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人か!? | GANTZ:G(ガンツG)より引用

他の動物たちとは違い、マントヒヒは高校生たちに唸り声を上げ、明らかに敵対している。

GANTZ:G(ガンツG)第2話今回のネタバレ感想・考察

スーツは防御能力はあっても限界があるから、その限界を知らしめるために、連載第1話でピックアップされてない「もりした」という女子生徒がスーツ着てたけどやられるということになるのではないだろうか。

スーツなしで○ぬ

池上、梶、森下が急いでスーツを着る

スーツで○なずに済む

しかし、限度を越えるとスーツを着てても○ぬ(森下)

という流れ。元祖ガンツは、スーツの限界は二人も星人からだったけど、もう読者は知ってるだろうから、その辺りは、星人一人目で明かしちゃうのではないだろうか。

また、ガンツの銃の特徴である、時間差で被弾するのも今回の「けだもの星人」で解明されるだろう。

スーツが防御だけじゃなくて身体能力を高め、攻撃もできることは「けだもの星人」で解明させないかもしれない。

元祖ガンツの初期の無慈悲な展開のようにガンツGも展開されるなら桜井、松本も○んじゃって、謎の二人組が「けだもの星人」をやっつけて終わりってところかな。

西くんみたいに強そうと思ったら「田中星人」でやられちゃうという感じでもなさそうなぐらい強そうな謎の二人組。

ん?待てよ。女キャラがガンツスーツを着替えるシーンがない。そもそも体のシーンがない。奥先生なら小まめに入れてくるけど。イイヅカケイタ先生はいれずに健全に読者数を増やそうということだろうか。

マントヒヒは本命の「けだもの星人」ではないだろうな。

2015年12月15日発売 今月のミラクルジャンプ新年1月号「GANTZ:G(ガンツG)」を読んで。

GANTZ:G(ガンツG)概要

GANTZ:G(ガンツG)は、SF漫画「GANTZ(ガンツ)」のスピンオフ漫画。原作は「GANTZ(ガンツ)」の作者・奥浩哉。作画は、イイヅカケイタ。GANTZ:G(ガンツG)は、2005年のある日、修学旅行中の高校生を乗せたバスが事故をして、高校生一同がガンツルームに転送されるところから始まる。過酷なハンティングゲームに何人生き残れるか。

GANTZ:G(ガンツG)を連載しているミラクルジャンプについて

ミラクルジャンプは、「SF&ファンタジー」をテーマにしている。『漫革』・『月刊ヤングジャンプ』の流れを汲んでおり、これらの雑誌同様『週刊ヤングジャンプ』の作品の番外編や、『週刊ヤングジャンプ』連載作家の読み切り漫画・ピンナップイラスト等も掲載される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です