GANTZ:G(ガンツG) 2 ガンツスーツに着替えたナイキと黒名蛍

ガンツスーツを着たナイキと蛍 | GANTZ:G(ガンツG)

ガンツスーツを着たナイキと蛍 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

GANTZ:G(ガンツG)第2話今回のネタバレストーリー・あらすじ「動物園にて」

ガンツに転送された修学旅行をしていた高校生たち。見知った下野動物園前にいた。

蛍は、下野動物園に「けだもの星人」がいるのかと恐れを感じるもクラスメートから帰ろうと声をかけられる。

教師も生徒達を帰宅へと誘導する。

それを止めたのは、謎の二人組。

頭の中に爆弾があることを忠告するガンツ経験者 | GANTZ:G(ガンツG)

頭の中に爆弾があることを忠告するガンツ経験者 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

そっちに行くと○ぬという。頭の中に爆弾が入っているから逃げられないという。ゲームをやるしかないと。

しかし、その本当の意味を理解できる者はいなかった。謎の二人の忠告を無視して、教師は生徒を帰宅へと誘導する。

少し戸惑う蛍。

蛍はクラスメートに手を引っ張られる形で動き出す。

謎の二人は、修学旅行の高校生達が動物園に戻ってこなさそうとわかると、仕方なく動物園に向かうことにした。

教師やバスの運転手の大人たちは、学校や会社に連絡して説明しないとというも、どう連絡すればいいか悩む。バスに乗っていたら突然動物園の前にいたなんて誰も信じない。

エリア外に出て、頭の爆弾から警告音が鳴る | GANTZ:G(ガンツG)

エリア外に出て、頭の爆弾から警告音が鳴る | GANTZ:G(ガンツG)より引用

するとどこからともなくポンポロパンポロと携帯電話のマヌケな着信音のようなものが鳴り響く。

少し戸惑う高校生達。教師は、謎の男たちの忠告を気にしているのかと再度、帰宅を促す。

頭の爆弾が破裂して頭が吹き飛ぶ | GANTZ:G(ガンツG)

頭の爆弾が破裂して頭が吹き飛ぶ | GANTZ:G(ガンツG)より引用

バスの運転手が公衆電話を見つけて、走っていこうとすると頭が吹き飛ぶ。それに続き、大人と数人の生徒の頭が吹き飛ぶ。生徒たちは泣き叫ぶも次々と頭が吹き飛ばされていく。

誰かが叫ぶ。戻れと。

その言葉に従い、皆は必○に動物園入口まで走る。

動物園入口まで戻ってきた高校生達は、頭が吹き飛ぶ現象が止んだ。次に襲われたのは嘔吐だった。突然の出来事に体が拒絶反応を起こした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です