ブラッククローバー 43 『白夜の魔眼』ゲル魔法使いサリーがアスタを捕らえる

ブラッククローバー 第43話ネタバレストーリー・あらすじ「凶気○乱」

子供たちを攫った黒幕は、王都を襲った白夜の魔眼だった。白夜の魔眼との第2戦が始まる。

子供を攫ったバロが通信魔道具を使って呼び出しのたは白夜の魔眼のゲル魔法使いサリーだった。サリーは、呼ばれたのに魔力が溜まっていないことを指摘するもそれはもうどうでもよく、サリーの興味はアスタに向けられていた。

シスター・テレジアは、サリーの魔力が禍々しいと感じる。王都を襲ったテロ集団だと知る。

アスタは、サリーの強さに注意を促す。

『白夜の魔眼』ゲル魔法使いサリーのサラマンダー | ブラッククローバー

『白夜の魔眼』ゲル魔法使いサリーのサラマンダー | ブラッククローバーより引用

サリーは、ゲル上のサラマンダーに乗ってアスタに向けて突っ込んでくる。サラマンダーの移動中にサリーはゲル上のサラマンダーの体の中に入る。

ゴーシュは鏡魔法を使った。

鏡魔法「リフレクト・リフレイン」の攻撃を屈曲させるサリーのゲルサラマンダー | ブラッククローバー

鏡魔法「リフレクト・リフレイン」の攻撃を屈曲させるサリーのゲルサラマンダー | ブラッククローバーより引用

鏡魔法「リフレクト・リフレイン」

複数の鏡に光攻撃を反射させながら同時に多角度からの攻撃をサリーのサラマンダーに向けて放つ。

光攻撃は、サラマンダーに直撃するもすべて屈曲されて、サリー本体に当たらない。

サリーは、ゴーシュの鏡魔法では効果は薄いといいつつ、サリー自身も攻める。伸ばしたゲルをアスタに向けて放つ。

アスタはアンチ剣で打ち消そうと横殴りにアンチ剣を繰り出すも剣の攻撃範囲に入る前にゲルは4つに分裂して違う方向からアスタを襲う。

サリーのゲルに捕まったアスタ。

サリーはアスタの上に馬乗りになり、アスタの体を興味津々に眺める。

『白夜の魔眼』ゲル魔法使いサリーが胸の谷間チラしながらアスタの体を嘗め回す | ブラッククローバー

『白夜の魔眼』ゲル魔法使いサリーが胸の谷間チラしながらアスタの体を嘗め回す | ブラッククローバーより引用

サリーは、アスタの首筋を舐めながらアスタのことを全部知りたいという。アスタの首をペロペロと舐めていると思ったら、次は、噛み付き出血させて血の色を確認するサリー。次は、小指の爪をもらおうとアスタの指に手をかける。

シスター・テレジアの炎魔法「煌炎の十字架」 | ブラッククローバー

シスター・テレジアの炎魔法「煌炎の十字架」 | ブラッククローバーより引用

炎魔法「煌炎の十字架」

シスター・テレジアは炎魔法でゲルサラマンダーにとらえられているアスタを救出する。

そのとき、サリーの胸の服も焼く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です