闇金ウシジマくん 390 東京と沖縄の闇金業界の違い

逃亡者くん編 | 闇金ウシジマくん

逃亡者くん編 | 闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 第390話ネタバレストーリー・あらすじ「逃亡者くん2」

前号より、舞台を沖縄に移して始まった。逃亡者くん編。村田 仁と名乗る男の一日が始まる。

村田(マサル)は、洗濯機の洗濯物を回収して、部屋に戻る。部屋ではガラケーの携帯電話でニュースを見る。

外で、沖縄そばを食べる。

道端で、通りの向こうにいる髭を生やした男と眼がある。男は、道端の溝で何かをしている。村田(マサル)は目をそらし、別の道に進む。

アパートの一室に向かう村田(マサル)。玄関を開ける前に周囲を警戒する。

部屋の中では札束を包んだものを風呂場の天井裏へと隠す。

村田(マサル)は借金の取立てに向かう。

車に乗ったスナックのママから数万円受け取る。ママは、村田(マサル)に自分の店にきたらサービスするからというも村田(マサル)は、ババァしかいないスナックに興味ないという。ママは若い娘もいるというも40代後半が最年少の養老院だという村田(マサル)。

次に、電話で野球賭博で大金を借りた比嘉からの電話を取る村田(マサル)。比嘉は、100万円の野球賭博の勝負に勝ったという。仲介役に10万円抜かれたけど90万円の儲けだという。昨日借りた金をすぐに返済したいという申し出だった。

次にパチスロにはまる下地。下地は、村田(マサル)にあと1万円貸してほしいという。100ゲーム以内に天井だからと。村田(マサル)は、下地に介護が必要な父親をほっといてパチスロかと聞く。すると下地は、そんな村田(マサル)にあまり怒鳴ると上の人に報告するというも村田(マサル)はしたければすればいいという。

村田(マサル)は、パチスロにはまっている下地にイラつく。

東京と沖縄の闇金業界の違い | 闇金ウシジマくん

東京と沖縄の闇金業界の違い | 闇金ウシジマくんより引用

村田(マサル)は、金城社長のもとに集金の報告にいく。金城社長から、下地から苦情がきたと村田(マサル)にいうと、村田(マサル)は謝りもせず、クズはとことん追い込んで潰してやるという。そのやり方に金城社長は批判する。

東京と沖縄の闇金業界の違い | 闇金ウシジマくん

東京と沖縄の闇金業界の違い | 闇金ウシジマくんより引用

内地は、客をジャンプさせてパンクさせて潰す。潰れる客を誰に掴ませるか、闇金業者間のババ抜き。沖縄では闇金は客を潰しては持たないという。沖縄では、貸付で回収して回転させるのが大事だという。潰しても潰しても客がいる内地と違って、噂がすぐ広がる狭い世界だと金城社長は村田(マサル)に教える。

ゆいまーるの精神 | 闇金ウシジマくん

ゆいまーるの精神 | 闇金ウシジマくんより引用

金城社長は、ゆいまーるの精神だという。ゆいまーるは、助け合いの精神だと笑顔で村田(マサル)に説明する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です