いぬやしき 48 獅子神ヒロ、ただいま警察署襲撃中

獅子神に集中砲火を浴びさせる護国寺警察署警官 | いぬやしき

獅子神に集中砲火を浴びさせる護国寺警察署警官 | いぬやしきより引用

いぬやしき 第48話ネタバレストーリー・あらすじ「集中砲火」

護国寺警察署内。部屋の中にいた警察官は部屋の外から大勢の叫び声が聞こえて、部屋を出てみると、廊下には無数の○体が転がっていた。

銃声が聞こえる階下に下りて行くも階段にも○体が無数に転がっている。

先輩警察官は、後輩警察官に銃を渡す。

二人に緊張が走る。

一階に下りても○体は減らず、叫び声と銃声は響き続ける。

二人の警察官は銃を構えながら、銃声のほうに進んで行く。

誰かが獅子神と叫んでいるのが聞こえる。

獅子神に襲撃される護国寺警察署警官 | いぬやしき

獅子神に襲撃される護国寺警察署警官 | いぬやしきより引用

後輩警察官は、その名前をオウム返しのように口に出す。

部屋の隅にフードをかぶった人間を見つける。

その者が振り向いた。

その同時に先輩警察官が発砲。

跡から複数の警察官が発砲を繰り返す。

獅子神に集中砲火を浴びさせる護国寺警察署警官 | いぬやしき

獅子神に集中砲火を浴びさせる護国寺警察署警官 | いぬやしきより引用

フードの男はよろめき倒れる。

倒れた男に複数の警察官は容赦なく弾丸を撃ち込む。

獅子神に集中砲火を浴びさせて一息入れる警察官 | いぬやしき

獅子神に集中砲火を浴びさせて一息入れる警察官 | いぬやしきより引用

動かなくなったフードの男を囲み、警察官達は息を荒げる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です