はじめの一歩 1127 宮田一郎vsルイシト・イコー戦。東洋太平洋OPBFフェザー級タイトルマッチ開始!

はじめの一歩 第1127話ネタバレストーリー・あらすじ「雷神の見つめる先は」

東洋太平洋OPBFフェザー級タイトルマッチ『宮田一郎vsルイシト・イコー戦』が始まる。

1ラウンド目からチャンピオンである宮田一郎が前にでる。

フェザー級三傑の一柱”雷神”。稲妻の如きその猛攻で挑戦者のガードの上から叩き付ける。

宮田の攻め方に関する千堂。距離とってのカウンターかと思っている千堂に、一歩はもともと攻撃的な人だと宮田を評す。

千堂は挑戦者を鼓舞するように声を張り上げる。

挑戦者は、宮田の右ストレートをかわして、左出すも絶好のカウンターを合わされてダウン。

レフェリーはノーカウントで試合をストップ。あっけなく試合終了となる。

それでも宮田の表情は変わらない。千堂はスカした面だと評すなか、一歩は宮田の凄さを再確認していた。

セコンドに促されて宮田は、勝利者インタビューを受ける。

タイトル防衛の感想を聞かれた宮田は、「別に」とあしらう。相手選手の印象を聞かれても「別に」としか応えない宮田に、インタビューする側はやりにくさを感じる。

勝利者インタビューに応える宮田一郎 | はじめの一歩

勝利者インタビューに応える宮田一郎 | はじめの一歩より引用

そんな勝利者インタビューを見て、サービス精神のある千堂は客は怒ると思うも、宮田の女性ファンたちは、そんな宮田の態度に惚れ惚れする。

7回のタイトル防衛を果たした宮田に今後の目標を聞く。

観客からは、世界王者だと声が上がる。

一歩もそうだろうと思っていた。

宮田の言葉を待ち、観客は静まり返る。

しかし、宮田の返事は「別に」だった。

勝利者インタビューに応える宮田一郎 | はじめの一歩

勝利者インタビューに応える宮田一郎 | はじめの一歩より引用

千堂はキレるも観客は、そんな宮田に黄色い喚声を送る。

そして、宮田は勝手にリングを降りる。

セコンドにもプロとしてもう少し考えろというも宮田は「礼」はしたという。

宮田一郎の本音 | はじめの一歩

宮田一郎の本音 | はじめの一歩より引用

宮田は考えていた。本音だから仕方ないと。

宮田一郎に人気があるのはわからない千堂武士 | はじめの一歩

宮田一郎に人気があるのはわからない千堂武士 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です