闇金ウシジマくん 392 高良の打ち出の小槌

高良の打ち出の小槌 | 闇金ウシジマくん

高良の打ち出の小槌 | 闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 第392話ネタバレストーリー・あらすじ「逃亡者くん4」

村田(マサル)は、仲間に連絡して昨日の娘の出勤を確認する。

村田は、昨日の娘(のどか)はいるという。村田(マサル)に、のどかに惚れたかと探りをいれるも、ごまかされる。

村田(マサル)を隠し撮りをする謎の男 | 闇金ウシジマくん

村田(マサル)を隠し撮りをする謎の男 | 闇金ウシジマくんより引用

そんな電話する村田(マサル)をカメラで隠れて撮影する者がいた。

帽子をかぶったメガネの男。

村田(マサル)に呼ばれて感謝を伝えるのどか。

村田(マサル)は、のどかに何故、の仕事を続けているかを訊ねる。

のどかは、昼間は保育士の仕事をしているけどお金が足りないという。

無認可の保育所で、土日も研修や行事でつぶれて手取りで12万円。保育所が終わっても家に持ち帰って書き物仕事があるから時給にしたらいくらかわからないという。

子供好きじゃないとやれない仕事だというのどか。

村田(マサル)と嬢のどか | 闇金ウシジマくん

村田(マサル)と嬢のどか | 闇金ウシジマくんより引用

村田(マサル)は、沖縄は8万円あれば生活できるて聞いたからの仕事をやらなくてもやっていけるだろうという。寝る暇削っての仕事やって身体壊したらどうするんだと聞く村田(マサル)。

のどかは、1歳半の子供がいて同居している親に面倒をみてもらっているという。村田(マサル)は、のどかが結婚しているという衝撃事実を知る。のどかは続ける。離婚しようと思って今は別居中だという。

それと母親にも100万円の借金があってそのお金の返済のためにもの仕事増やさなければならないという。

村田(マサル)は、借金は闇金からかと聞くと、のどかはよくわからないけど、個人の金融屋から何人も借りているという。

村田(マサル)は、のどかに親の名前を聞く。親の名前は栄子。苗字は高良。村田(マサル)は、金城の客の高良を思い出す。のどかは、何かと聞くも村田(マサル)は、はぐらかした。

次の日、村田(マサル)は、金城のところで高良栄子の顧客ファイルを見ていた。金城に聞かれて、高良の借金がどれぐらいか知りたくてと話す。

金城は、話題を比嘉に移す。比嘉は野球賭博で負けて飛んだ。漁船などは既に銀行に差し押さえられて自宅にも金目のものはなかったという。30万円の損失だと。

高良栄子の借金を増やして、穴埋めしないとという金城。

村田(マサル)は、高良の打ち出の小槌の話を聞くと、金城は、高良の娘(のどか)を100万円はすぐに回収できるという。

のどかは家に帰る。その家の外に村田(マサル)が見張っている。

嬢のどかの夫 | 闇金ウシジマくん

嬢のどかの夫 | 闇金ウシジマくんより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です