宇宙兄弟 268 シャロン月面天文台完成まであと僅か

シャロン月面天文台 | 宇宙兄弟

シャロン月面天文台 | 宇宙兄弟より引用

宇宙兄弟 第268話ネタバレストーリー・あらすじ「雨の音」

月面生活継続中のムッタたち。非日常の中にも日常はある。

バーチャルトレッドミルを使うムッタ | 宇宙兄弟

バーチャルトレッドミルを使うムッタ | 宇宙兄弟より引用

月面基地内でフィリップは、ヘッドマウントディスプレイをつけて、テンション高くリズムに乗っている。

その横でムッタは今日はどこにしようかと、日本列島をピックアップ。天候は雨。

フィリップとムッタが触っている機械はバーチャルドレッドミルという装置でヘッドマウントディスプレイと足の装置でバーチャルリアリティ空間を歩くことができる。

フィリップはライブ会場にいる。

バーチャルトレッドミルを使うムッタ | 宇宙兄弟

バーチャルトレッドミルを使うムッタ | 宇宙兄弟より引用

ムッタもヘッドマウントディスプレイを装着する。

雨の日の日本で、ムッタは傘を差して散歩している。木々が生い茂る道を越えるとそこはシャロンの天文台だった。

バーチャルの世界にシャロンはいないことはわかっていても、もしかしたらそこに立っているかもと思ってきてしまったムッタ。

日本ではシャロンが、週刊六太を聞く。今週の週刊六太は、予定を変更して大ニュースを報告するという。

月面で、南波六太とカルロ・L・グレコ飛行士とで初の洞窟を発見したというニュースを報告する。名前はカルロム洞窟。自分の名前の「ム」が採用されたと報告するムッタ。歴史に「ム」が残ると。

シャロンは心の中でムッタの偉業を喜ぶ。

そこでカルロの紹介。次に、現在検察中のシャロン月面天文台の話にすすめる。作業的には1/3だけど、必ず成功させますと言い切り、シャロン博士とシャロンに呼びかけるムッタ。

残りのアンテナ探しに出るムッタとエディ。先攻して走るブギーも障害物センサーが動いていることを確認する。

ブギーの故障の原因は未だに不明 | 宇宙兄弟

ブギーの故障の原因は未だに不明 | 宇宙兄弟より引用

ムッタは昨日、フィリップと一緒に新しいのと交換したいという。前のもチェックしたけど、結局なんで止まったのかは不明だった。

フィリップはついでにブギーのプログラムも書き換えてマジメモードに変えたかったが時間がなかったというとフィリップの「マジメ」はどういうものか聞かれ、ヤァマンを日に10回。ダンスもできるやつにするという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です