ワンピース 817 ついにワノ国の忍者”霧の雷ぞう”登場!忍法”煙遁の術”から華手裏剣!

ワノ国の忍者"霧の雷ぞう" | ワンピースONEPIECE

ワノ国の忍者”霧の雷ぞう” | ワンピースONEPIECEより引用

ワンピースONEPIECE第817話ネタバレストーリー・あらすじ「霧の雷ぞう」

ボロボロの海賊船の船室で全身包帯のジャック。新聞を読みながら、自分は○んでいるかと部下に問う。ジャックの部下はとんでもないと答える。ジャックは新聞を破る。

光月一族の家紋 | ワンピースONEPIECE

光月一族の家紋 | ワンピースONEPIECEより引用

一方、錦えもんたちがミンク族の前に姿を現した。錦えもんは、”雷ぞう”の身柄を守ってくれたミンク族に感謝を述べ、上半身をにして、背中を見せる。

背中には鳥のような家紋があった。それをみたミンク族は『光月一族』の家紋だと認める。その家紋は、匿っている”雷ぞう”はもとより、イヌアラシ公爵やネコマムシの旦那にもあるという。

ミンク族はワノ国と昔から深いつながりがると知るナミ。

錦えもんは、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那に生きていたことを驚く喜ぶ。あの日の言葉を頼りにここで待てば、必ずいつか会えると思っていたとイヌアラシ公爵の言葉を途中からネコマムシの旦那がセリフを奪った。

イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那はまた言い争いを始める。

するとモモの助が、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那の喧嘩を父上がみたら悲しむぞと涙ながらに訴える。

イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那はモモの助の前に土下座して謝る。

その二人の姿をみてミンク族は驚く、子供相手にそれほどのことをすることに。

錦えもんはルフィたちに謝り、錦えもんとモモの助は親子関係ではないと告白する。

ワノ国 九里大名(跡取り) 光月モモの助 | ワンピースONEPIECE

ワノ国 九里大名(跡取り) 光月モモの助 | ワンピースONEPIECEより引用

モモの助は、ワノ国『九里』の大大名『光月おでん』の跡取り『光月モモの助』だと紹介する。

それを聞いたミンク族は、光月おでんのご子息だと驚く。

ワノ国『九里』の大大名『光月おでん』は、錦えもんを含め、イヌアラシ公爵、ネコマムシの旦那の主君である。

身分を明かしたワノ国『九里』の大大名『光月おでん』の跡取り『光月モモの助』は、どーでもいいと興味なさそうに鼻をほじるルフィに頭が高いぞ怒鳴るもルフィにわしづかみにされる。そして、いつもの喧嘩が始まる。

ナミの胸の谷間に顔をうずめるモモの助 | ワンピースONEPIECE

ナミの胸の谷間に顔をうずめるモモの助 | ワンピースONEPIECEより引用

モモの助は、ナミに泣きつく。ナミの胸の谷間に顔をうずめて泣きつく。泣きついているはずのモモの助の目が行為になっている。家臣の錦えもんはいつものノリでツッコミを入れる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です