宇宙兄弟 269 月に水があることをムッタが示唆

トライしたから出会えた一番旨いスパゲッティというフライトディレクター | 宇宙兄弟

トライしたから出会えた一番旨いスパゲッティというフライトディレクター | 宇宙兄弟より引用

宇宙兄弟 第269話ネタバレストーリー・あらすじ「大波」

カルロとムッタが月面で見つけた洞窟、カルロム洞窟に水があるのではと口にするムッタ。

フィリップが突然なんだよというとムッタは謝罪し、思いついたことを口走ったことを伝える。

エディは、ムッタの思いつきはブギーの故障からの発想かという。

アンディは月に水はあるだろうが岩石やレゴリスに染みこんで凍っているのではと定説を説明。よって、ブギーのセンサー異常とは関係ないのではと予測する。

しかし、ムッタは、カルロとカルロム洞窟に実際にみた光景から関係あるかもしれないという。

ムッタはカルロム洞窟の中で、レゴリスがやけにキラキラしていたという。

天井から降ってくるレゴリスがやけにキラキラしていて、ブギーのタイヤにもキラキラしたものが見えた。

それをNASA・ヒューストンで会議する。

投下したアンテナが氷を含んだ地層を貫通してレゴリスと一緒に氷が落ちる。ブギーの中に入り、液化してブギーの回路に流れる。ありえなくはないと考える。

ブギーがレゴリスをかぶったかというものにブギーの映像でかぶったことを確認する。

月に水があることを示唆 | 宇宙兄弟

月に水があることを示唆 | 宇宙兄弟より引用

NASA・ヒューストンでは、月に水があることの大発見になるかもしれないと期待する。

フライトディレクターは室長のバトラーに「水の採取」タスクを組み込もうと提案するも即答しないバトラー。

バトラーとフライトディレクターはバーに行き、今日のことを話す。

想定外のことを起きるから慎重にならざるをえないというと、フライトディレクターは室長とはそういうものだと軽口を叩く。バトラーはフライトディレクターもそういうもんだという。

アンテナが貫通するぐらい地盤が薄いところでの水を採取する探索は危険だし、そんなところに宇宙飛行士を行かせたのも驚愕だとフライトディレクターの判断に問題定義する。

しかし、そのおかげで世界中がカルロム洞窟祭りだと笑うフライトディレクター。するとマスターが、フライトディレクターが昔からサーフィンしているからでかい波が隙なのさというとフライトディレクターは、わかっているねという。

マスターのパーカーは、フライトディレクターがウチの店にくると十中八九、新メニューを注文してくる冒険か気質だよという。マスターのパーカーは、新作のスペーシースパイシースパゲッティをフライトディレクターに出す。

フライトディレクターは、新作のスペーシースパイシースパゲッティをフォークでつつきながら、想定外の波はくるものだという。アンテナが消えるという想定外。探して横穴を見つける想定外。中でブギーが留まる想定外。全ては流れに乗った結果だ。

クルーは、流れの中でベストなパフォーマンスを見せた。そして、想定外の大波に気づいた。

フライトディレクターはバトラー室長に乗らずに見逃すのかと問う。そして、審査kうのスペーシースパイシースパゲッティをほおばる。

うまい!とマスターのパーカーに新作のスペーシースパイシースパゲッティを絶賛する。

この店で一番うまいもんに今出会えたのは「トライ」したからだと笑うフライトディレクター。

宇宙天気予測センターでは、何かの異常を感知する。

ムッタたちには、水を含んだ岩石の採取はヒューストンでプランを作成し追って連絡する。それまでは、シャロン月面天文台の建設を続けるようにと連絡が入る。

今日は、ムッタとフィリップが基地に残り、残りの4人でアンテナの植え込み作業をするようにと指示を出す。

ブギーの反乱 | 宇宙兄弟

ブギーの反乱 | 宇宙兄弟より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です