闇金ウシジマくん 394 ウシジマたちは台湾へ逃亡しに沖縄へ

のどかが思っている沖縄の男性観 | 闇金ウシジマくん

のどかが思っている沖縄の男性観 | 闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 第394話ネタバレストーリー・あらすじ「逃亡者くん6」

のどかは、ホテルニュープリプリで『客』をとっていた。『客』に中で出していいかと聞かれて、のどかは入れてちゃだめと拒否をするも。

『客』をとるのどか | 闇金ウシジマくん

『客』をとるのどか | 闇金ウシジマくんより引用

のどかは、疲れたと自宅で体を洗う。

風呂場から出るとのどかの子供がおなか減ったと甘えてくる。

のどかは息子を優しく抱き、何食べようかねという。

のどかの買い物を手伝うマサル | 闇金ウシジマくん

のどかの買い物を手伝うマサル | 闇金ウシジマくんより引用

村田(マサル)は、集金をすませたところだった。そこに丁度、買い物をして重い荷物を持つのどかを見つける。村田(マサル)は、のどかの荷物を車に載せるから貸せというとのどかはまだ買い物の途中だという。乾物屋にいって、こだわりの味噌を買うという。

村田(マサル)は、のどかが料理好きだと知り、上手なのかと聞くと。のどかは少し自信あると笑顔になる。

村田(マサル)は、のどかの買い物に付き合うことにした。村田(マサル)が荷物を持ち、残りの買い物をするのどか。

のどかは、村田(マサル)のことを優しいという。沖縄の男性は買い物袋は持ってくれないという。最初はみんなシャイだけど仲良くなると横柄で気が利かない怠け者だというのどか。

村田(マサル)は、悪く言い過ぎだろというと、付き合った男が悪過ぎたのかなと笑うのどか。

村田(マサル)が聞き上手だからベラベラと喋ってしまったというのどか。村田(マサル)は、話また聞かせてほしいという。のどかからライン交換しますかと持ちかけてくる。

二人はラインを交換する。村田(マサル)は、少し照れていた。

質屋の前で待っていたウシジマと柄崎は、車に乗るように言われる。

台湾に逃亡しようとするウシジマと柄崎 | 闇金ウシジマくん

台湾に逃亡しようとするウシジマと柄崎 | 闇金ウシジマくんより引用

車は港まできて、指定の船で与那国島付近の海上までいって、台湾の漁船に乗り換えろとウシジマと柄崎に指示を出す。台湾のちくい漁港に着いたら現地のブローカーがパスポートも家も手配するという。

ウシジマは出航の日にちを聞くと3日後だと応える運転手。

それまで古民家で身を隠すように言われる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です