はじめの一歩 1132 青木のパンチは必○えのきパンチ

青木の拳の形は丸い | はじめの一歩

青木の拳の形は丸い | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 第1132話ネタバレストーリー・あらすじ「裏切りの拳」

板垣は拳の形で一言言いたい。

幕之内一歩の拳の形は四角。一方、板垣学の拳は三角。

三角の拳はダメなのか。藤井に聞く。青木は三角三角と悪ふざけをする。

藤井は答える。板垣の拳にも驚いたという。小さくとがったものが刺さる感じ。

幕之内一歩の拳が「ガツーン」なら板垣の拳は「カチーン」。

板垣のパンチは一点集中型だと解説する藤井記者 | はじめの一歩

板垣のパンチは一点集中型だと解説する藤井記者 | はじめの一歩より引用

一点集中型で、握りこむと小さい拳の利点は、相手のガードの中に滑り込ませやすいこと。ピンポイントを射抜きやすいということだと板垣のパンチを拳から分析する藤井。

板垣の拳は宮田一郎と同質だろうという。宮田一郎と同じタイプだといわれ、喜ぶ板垣。

青木の次の標的は木村になる。一歩と板垣の中間のスタンダードが一番中途半場だと笑う。

木村は青木に拳の形を見せろという。

拳の形をもったいぶる青木 | はじめの一歩

拳の形をもったいぶる青木 | はじめの一歩より引用

すると青木は、手をニギニギとさせてるだけで拳を握りこまずもったいぶる。木村が急かすも青木は、藤井記者の話を忘れたかという。何千万回とボクサーを取材している記者が、青木の拳と天才の拳が似ていると語ったことを。

一歩、木村、板垣は一瞬止まる。記者が冗談いわないだろうし、特殊が拳をしているのかもしれないと。木村はじらされて青木に催促する。

青木は勝ち誇って拳を力強く握りこむ。

丸い。

青木の拳は丸かった。

そして、ぷにぷにしている。

青木の拳はエノキ茸のようだと笑う | はじめの一歩

青木の拳はエノキ茸のようだと笑う | はじめの一歩より引用

青木の拳はエノキ茸のようだと笑う木村。板垣は、バター炒めにしたいと笑う。

青木は、藤井記者に先ほどの板垣のような利点で救われたいと丸い拳の利点を聞く。

しかし、藤井記者はツルツル滑りやすい、転がりやすいと視線を逸らして答える。利点ではなかった。

そんな大騒ぎする鴨川ジムに篠田が入ってきた。練習をちゃんとしているかと活を入れる。

篠田が藤井記者が来ていることに気づく。

篠田と藤井の二人の関係 | はじめの一歩

篠田と藤井の二人の関係 | はじめの一歩より引用

見詰め合う二人。

藤井が言っていたボクサーの夢を諦めさせた天災というのは若き日の篠田だった。

試合が終わり、篠田は藤井にプロに転向すると宣言し、プロのリングでまた会える日を楽しみに待っているというと藤井はボクサーを諦めると言い出す。篠田はオリンピックに行きたいのではなく、プロでチャンピオンになるのが二人の共通の夢だったはずだと問うも藤田は、篠田が叶えてくれる。変わりに記者になって出世していく篠田を書き続けるという。

その時に交わした拳の感触。あの時の約束の拳の感触。忘れられないという藤井。

しかし、篠田はプロデビュー戦で負け、次も負け、その次も負け、結局6回戦止まりの凡庸な結果で終わったという。

何一つ夢を見せてくれなかった裏切りの拳だった。

はじめの一歩 第1132話ネタバレ感想・考察

青木のえのきパンチ。青木ならこれをネタに新必○パンチをきっと開発してくれるだろう。きっと。

2016年3月9日発売 今週のマガジン15号「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

女性漫画家の起用は早い時期から多く行なっているが、ペンネームが男性風になることが多い。例として塀内真人(現・塀内夏子)、島崎譲、大島司、さとうふみや、恵広史、山本航暉などがおり、他誌では女性風だったペンネームをわざわざ男性風にした久保ミツロウのケースもある。最近では咲香里や吉河美希、西山優里子など男性風に変えない女性漫画家もいる。ちなみに初の連載女性漫画家は高橋美由紀である。

ショートギャグにも比重を置いていることから専門の漫画家も多く起用しており、過去には斉藤富士夫や三ツ森あきら、現在は西本英雄や氏家ト全がそれに該当する。また島田英次郎のように普段は他誌で連載をしているが、本誌の連載漫画が休載したときの穴埋めとしてショートギャグ漫画の読み切りを描くことがある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です