GANTZ:G(ガンツG) 5 けだもの星人ミッション終了

けだもの星人のボスと戦う黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人のボスと戦う黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

GANTZ:G(ガンツG)第5話今回のネタバレストーリー・あらすじ「けだもの星人」

3年ガンツゲームを続けている大学生2人組に囮になるように言われ、池上たちアイドル3名は、『けだもの星人』を引き連れて、2人組のところまでやってくる。

けだもの星人に追われる池上、梶、森下 | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人に追われる池上、梶、森下 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

池上の背中に飛び乗った『けだもの星人』。池上が悲鳴を上げる。

すぐさま、池上の背中に飛び乗った『けだもの星人』の体は弾け飛ぶ。

梶、森下を付け狙う『けだもの星人』も次々と弾け飛ぶ。

建物の上から例の二人組みが狙う撃ちしている。

池上たちが引き連れてきた『けだもの星人』は一通り倒す。

けだもの星人を連れてくるように要求するガンツゲーム経験者の大学生二人組 | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人を連れてくるように要求するガンツゲーム経験者の大学生二人組 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

池上たちは、これで家に帰れるのかと聞くも後一匹探してきてという二人組。その一匹で最後だという。

要求を拒否する池上 | GANTZ:G(ガンツG)

要求を拒否する池上 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

池上は、更なる注文に抗議の声を上げるとゆとり扱いする。池上は経験者だから自分たちで探せばいいのではというも反論は認めなかった。ボスでガンツスーツも効かないから気をつけろと池上たちに命令する二人組。

そんな二人組の後ろ上空に影。

飛んできたのはボスと思われる『けだもの星人』。頭が獅子、体がゴリラ(?)、下半身が馬、そして翼がついている。二人組の身長の2倍以上はある大型の生物だ。

『けだもの星人』のボスは、すぐさま二人組の長髪の男を攻撃し、長髪の男のXショットガンを持っていた腕ごと切断させる。

長髪の男を抱えて、建物から飛び降り、『けだもの星人』のボスから逃げる。

けだもの星人にやられる池上、梶、森下 | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人にやられる池上、梶、森下 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

『けだもの星人』のボスは、池上たちのところにやってきて、池上たちの腕や足を引きちぎる。

そこにナイキたちがやってきた。

ナイキたちは状況が把握できなかったが危険だから逃げなければと感じる。

けだもの星人にやられる内木(ナイキ) | GANTZ:G(ガンツG)

けだもの星人にやられる内木(ナイキ) | GANTZ:G(ガンツG)より引用

そして、ナイキの胴体、宮崎は足を切断される。

蛍は、ナイキがやられたことで涙を浮かべて叫ぶ。

○を悟り、両親にお別れをいう黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)

○を悟り、両親にお別れをいう黒名蛍 | GANTZ:G(ガンツG)より引用

蛍は、両親に別れを告げる。

しかし、ナイキは、蛍に諦めるなと叫ぶ。諦めずに生きろと。

ガンツゲーム経験者の二人は、倒れてる。

長髪の男は、動けないという。もう一人も足がやられて、Xショットガンは撃てるけどここから動けない。終わりを悟る二人。最後にラーメンが食べたいと上半身を起こすと、『けだもの星人』のボスと戦う蛍の姿が見える。

まだ生き残れると希望を見出し、蛍が『けだもの星人』のボスの攻撃をかわしている間にXショットガンで『けだもの星人』のボスに標準を定める。

そして、蛍が『けだもの星人』のボスの足にしがみつき動きを止めた瞬間にXショットガンを使って『けだもの星人』のボスの首を吹き飛ばす。

GANTZ:G(ガンツG)第4話今回のネタバレ感想・考察

みんなボロボロだけど、原作の設定通りなら、絶命していなければ怪我する前の状態(記憶も含めて怪我する前の状態になっちゃうけど)に戻される。なので、蛍、ナイキ、眼鏡っ子の宮崎、アイドル三人組の池上、梶、森下、そして、経験者二名の男。そして、ナイキたちがおんぶしていたクラスメート3名?の総勢11名が生存になるのかな。

あ、梶はアイドルじゃないのかな。

今月号のミラクルジャンプのGANTZ徹底検証Part5でGANTZ:Gのヒロインたちも「レイカや岸本のようなダイタンで魅力的な活躍を期待です」とあるので魅力的シーンはでてくるのか。控えてるのかと思った。

2016年3月16日発売 今月のミラクルジャンプ4月号「GANTZ:G(ガンツG)」を読んで。

GANTZ:G(ガンツG)概要

GANTZ:G(ガンツG)は、SF漫画「GANTZ(ガンツ)」のスピンオフ漫画。原作は「GANTZ(ガンツ)」の作者・奥浩哉。作画は、イイヅカケイタ。GANTZ:G(ガンツG)は、2005年のある日、修学旅行中の高校生を乗せたバスが事故をして、高校生一同がガンツルームに転送されるところから始まる。過酷なハンティングゲームに何人生き残れるか。

GANTZ:G(ガンツG)を連載しているミラクルジャンプについて

ミラクルジャンプは、「SF&ファンタジー」をテーマにしている。『漫革』・『月刊ヤングジャンプ』の流れを汲んでおり、これらの雑誌同様『週刊ヤングジャンプ』の作品の番外編や、『週刊ヤングジャンプ』連載作家の読み切り漫画・ピンナップイラスト等も掲載される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です