忘却のサチコ 38 湯治するサチコが俊吾と出会う!

忘却のサチコ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ「自炊にトライ!湯治旅・中編(盛岡・花巻)」

部屋に案内されたサチコは寝具などの貸し出しメニューを見て、浴衣に寝具、暖房機器など生活に必要なものが全部レンタルできることを知る。本格的に長期逗留する人は自宅から持ち込むのかと考えるサチコ。

建物は昔の風情を残しつつもテレビや冷蔵庫が揃っているし、思う存分、温泉につかれて、これはのんびりくつろげると、はぁとため息をつくサチコ。

しかし、取材にきたサチコにゆっくり休んでいる暇はなかった。

館内のあちらこちらを撮影してまわるサチコ。日が暮れて、部屋の明かりがぽつぽつと灯り始め、風情が増していい雰囲気だと感じるサチコ。

サチコは売店を見つけた。売店には、食料品に飲み物、生活用品に、本まで置いてある。これだけそろっていたら自炊するのにも便利だと。

あとで自炊するように食材を今のうちに買ってこうと食事を吟味する。

その後ろを俊吾らしき従業員が布団を運んでいた。

館内放送が入る。

混浴露天風呂は、夜9時まで女性専用になります。

サチコは、宮沢賢治も愛したというお風呂に入って、湯治体験しなければと、混浴露天風呂に急ぐ。

髪を結い上げ、混浴露天風呂に入るサチコ。

混浴露天風呂のお湯はヌルっとしてて肌がスベスベになりそうだと胸を触るサチコ。

そんなサチコの鼻の頭に雪が降る。

夜空を見上げると雪が降ってきた。

混浴露天風呂に降り注ぐ綿雪。幻想的な体験をするサチコ。

宮沢賢治も同じ景色をみたのかと思うサチコ。神秘的なことが起こりそうと感じる。

サチコは思い出す。自炊をしなければとそそくさと混浴露天風呂を後にする。

浴衣に着替えたサチコは、食材を持って炊事場に行こうとする。

俊吾らしき従業員が古株の従業員にすごい雪だと感想を漏らすと、これぐらいならまだ少ないほうだという。俊吾らしき従業員は、こっちの冬ははじめての体験だった。俊吾らしき従業員は大切な人を裏切ってこっちにきたという。

俊後らしき従業員がいる階に階段を登ろうとしたサチコだったが、持っていたブラジャーが落ち、恥ずかしくて慌てて拾うサチコ。その間に、俊後らしき従業員は通り過ぎて言った。

炊事場に到着したサチコは、先客のご年配の方に遠慮しながらも自炊を始める。実家暮らしのサチコは、料理が苦手だった。白菜を切る手付きもぎこちない。なんとか斬り終えた食材を鍋にいれて火を起こそうとするも見たこともない装置に出会うサチコ。

見たこともないガスコンロを見ていると年配の客が使い方を教えてくれる。サチコは年配に感謝して料理を作り終える。

二時間かけてやっと完成した湯豆腐。

温泉につかった後に体に染みる湯豆腐を食べて、日々の疲れがとれていくサチコ。

やっと食べ終わったサチコは、炊事場で片付けをしないと迷惑になると考えて急いで共同炊事場に向かう。

炊事場には、俊後らしき従業員がもう客は使わないと考えてストーブの火を落としていた。謝って、もう一度ストーブに火をつけてサチコに声をかける。

俊吾と出会うサチコ | 忘却のサチコ

俊吾と出会うサチコ | 忘却のサチコより引用

二人は目が合った。

二人は二人の名を呼び合った。

忘却のサチコ 第56話ネタバレ感想

とうとう俊吾に出会えたサチコ。今回は本当に本人なのだろうか。本人なら、なんでサチコを捨てたのか。

2016年3月日発売のスピリッツ13号「忘却のサチコ」を読んで。

忘却のサチコ概要

忘却のサチコの概要。結婚式で新郎の俊吾に逃げられてしまった佐々木幸子(サチコ)。逃げられた俊吾が頭から離れない。仕事もプライベートもままならなかったサチコに美味しいものに出会った瞬間だけ俊吾を忘れられたことに気づき、美食を求めて旅するグルメコメディ。

忘却のサチコを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です