ブラッククローバー 55 裏切り者は『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾット

絵画魔法“レストリクシオンの泉”

『水色の幻鹿』団長リル・ボワモルティエの魔法は筆で絵を描くように『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットを捕らえる。絵画の中に拘束される『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾット。

『水色の幻鹿』団長リル・ボワモルティエは、『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットが絵になる男と明るく褒める。題名は『溺れる団長』と皮肉る。

『銀翼の大鷲』団長ノゼル・シルヴァーは、『水色の幻鹿』団長リル・ボワモルティエに生ぬるいという。

『水色の幻鹿』団長リル・ボワモルティエは、自分がやらないと建物がなくなっちゃうよという。

魔法団長たちは魔法は臨戦態勢に入っていた。

『水色の幻鹿』団長リル・ボワモルティエは、『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットを見つけたアスタを褒める。アスタと握手をして友達となる。

ブラッククローバー 第55話ネタバレ感想・考察

裏切り者の魔法騎士団長は、わかりやすく一番見た目が怪しい『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットだった。

『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットがマルクスの記憶交信魔法にかからなかったのは、商才として培ってきたノウハウとかも覗かれるのを嫌ってかもしれない。

それに汚い手を使ってまで豪商と騎士団長にまでなった人間だからその地位の根本を揺るがすようなクローバー王国転覆のテロ行為などやらないだろう。

裏ありそうだけど、利用されたりした時点で魔法騎士団長失格と『紫苑の鯱』団長ゲルドル・ポイゾットは失墜しそう。

2016年3月28日発売 今週のジャンプ17号「ブラッククローバー」を読んで。

ブラッククローバー 概要

ブラッククローバーの世界では15歳になると魔道書(グリモワール)を授かり、魔法騎士団に入団していく。しかし、主人公アスタは魔力がほぼなく、魔道書(グリモワール)を授からなかったが五つ葉のクローバーの魔道書(グリモワール)を授かり、魔法を無効化する剣を所持する。そして、魔法帝を目指す。ブラッククローバーは、少年魔法バトルファンタジー漫画。

ブラッククローバーを連載している週刊少年ジャンプについて

毎週月曜日発売の週刊少年漫画雑誌。雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です