宇宙兄弟 271 現実の宇宙ステーションの映像でバズったゴリラネタも取り入れる宇宙兄弟

現実の宇宙ステーションの映像でバズったゴリラネタも取り入れる宇宙兄弟 | 宇宙兄弟

現実の宇宙ステーションの映像でバズったゴリラネタも取り入れる宇宙兄弟 | 宇宙兄弟より引用

宇宙兄弟 第271話ネタバレストーリー・あらすじ「このために来た」

ムッタはISSのせりかとエディはヒューストンのビンスと通信していると途中で映像が乱れ、そのまま通信は途切れてしまう。

ISSでは、通信が途切れて絵名のもとに戻り、やっぱりあの飛行機雲はバルタン星人だったんだよというも絵名は否定する。

そこにゴリラが現れる。

びっくりするせりかと絵名。

ゴリラは頭を取る。中からISSのクルーの仲間がでてきた。ゴリラのきぐるみを着て驚かせようとしたのだ。

そんな冗談をしているなか、別のクルーがヒューストンからの通信が途切れたと報告する。

エディは、チームのみんなを招集する。緊急ミーティングだ。

エディはビンスから情報を伝える。通信が途絶えたのは、大型太陽フレアの電磁波が原因だろうと予測する。通信の復旧はしばらくかかる。

大型太陽フレアのせいで磁気嵐がくることを伝えるブギー | 宇宙兄弟

大型太陽フレアのせいで磁気嵐がくることを伝えるブギー | 宇宙兄弟より引用

エディは、今の時間を覚えておいてほしいという。12時間後あたりに強い放射線が月に届くという。

カルロは注意喚起する。線量によっては障害が残るという。

ブギーが2、3日後には磁気嵐がくると教えてくれる。

安全のために船外活動を控えるように指示するエディ。

ムッタが問題を指摘する。

地球から届いたスーパーコンピューター『SHARON』が補給船の外に出しっぱなしだという。ヒューストンの指示通り、出して明日の接続準備のためだったというアンディ。

スーパーコンピューター『SHARON』が壊れればシャロン月面天文台計画も水の泡だと危惧するムッタ | 宇宙兄弟

スーパーコンピューター『SHARON』が壊れればシャロン月面天文台計画も水の泡だと危惧するムッタ | 宇宙兄弟より引用

磁気嵐が来ればスーパーコンピューター『SHARON』はただの箱に変わってしまう。コンピューターがなければ、月面天文台の計画がすべて水の泡となる。

ムッタは、放射線が届くまで残り12時間。指でソロバンをはじき、作業時間を計算する。

そして、ムッタはいけると考える。

これからスーパーコンピューター『SHARON』を基地まで運ぼうと提案する。ビートルじゃなく、ピパンピムを外したバギーで行けば移動時間は半分になる。放射線が届く前に帰ってこられるという算段だ。

フィリップは結構な賭けだという。

エディは、少々無謀な計画で、朝まで不眠でやり切れるかと時計を見る。

危険でもムッタはシャロンの月面天文台計画を守ろうとする | 宇宙兄弟

危険でもムッタはシャロンの月面天文台計画を守ろうとする | 宇宙兄弟より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です