双亡亭壊すべし 第3話 黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一 | 双亡亭壊すべし

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一 | 双亡亭壊すべしより引用

双亡亭壊すべし第3話ネタバレストーリー・あらすじ「出会い」

東京の神社。宮司は、柘植紅が来たことであわただしくなる。若い巫女は、普通の女学生にみえたのに宮司の慌てぶりようをみて不思議がる。

九州の柘植といえば「刀巫覡」の一族で有名だという。

「刀巫覡」とは、小刀を使って、全ての呪いを断ち切る巫女のことをいう。

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅 | 双亡亭壊すべし

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅 | 双亡亭壊すべしより引用

そして、柘植紅のお祓いの力は、現役の巫女の中で日本一と言われている。

それが立木緑朗の姉、柘植紅。

紅は、弟が搬送された病院を教えてもらいにきた。

不慣れな東京の地でやっと、弟、緑朗が入院している病院にたどり着く。緑朗とは、両親が離婚して別々に引き取られてから3年が経っていた。

病室に向かう。緑朗の病室から怒鳴り声が聞こえる。

中では、政府の人間とツトムが言い争いをしていた。

そんな時、病院の建物が揺れる。

地震かと思った。

紅は、何かがやってくる気配を感じる。

緑朗に手を差し伸べる。

政府の人間が重機と間違えるぐらいのドリルで床を打ち破って入ってくる者がいた。

青一だ。

青一は、ずっとここから匂いがしていたという。緑朗の体から。

青一は、緑朗の前にして双亡亭を壊すというと緑朗も壊したいと青一にいう。

政府の人間の制止も聞かず、青一は、緑朗を背中に乗せて、窓を破り、外に飛び出す。

ツトムは、緑朗を助けなきゃと青一と緑朗を追いかける。

バイクに乗るツトムに紅は後ろにしがみつき、緑朗の姉だという。ツトムは、紅を乗せたままバイクを発進させる。

ツトムと紅は、青一と緑朗に追いつき、青一も足をとめる。

青一は、紅に道を開けるようにいう。紅は、緑朗に呼びかけるも緑朗は動かない。

道をあけない紅に青一は手をドリルにし、攻撃準備をする。

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一 | 双亡亭壊すべし

黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一 | 双亡亭壊すべしより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です