双亡亭壊すべし 第3話 黒髪パッツン巫女“刀巫覡”柘植紅vs手ドリル・凧葉青一

紅は、小刀を抜く。

神に三種の位有り。
一に元神。
二には託神。
三には刀鬼神なり。

かむがかりと成りて阻むものは柘植紅、
異類、覚悟

紅は構える。

青一は、紅にしかける。

双亡亭壊すべし第3話のネタバレ感想・考察

緑朗の父と、紅の母親が離婚したけど、父親が双亡亭の敷地内に引越してくるなんて、父親は双亡亭をなんとかするために引っ越したのだろうか。双亡亭の危険性は知っていて引っ越したのか。

2016年4月6日発売 今週のサンデー19号「双亡亭壊すべし」を読んで。

双亡亭壊すべし概要

双亡亭壊すべしは、自衛隊の空爆でも破壊できない双亡亭の破壊をめぐるスペクタクル・モダン・ホラー漫画。

双亡亭壊すべしを連載している週刊少年サンデーについて

毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。本誌の傾向としては、特にラブコメディと恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、主なジャンルがそれでなくても作中のエピソードなどで恋愛及びラブコメ的な要素を色濃く匂わせる作品も多い。その一方で、少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が掲載されることも時折見られる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です