感想ズ 漫画感想ネタバレ考察レビューサイト

ジョジョリオン 53 空条仗世文(じょせふみ)の「幸せのイメージ」

ジョジョリオン第53話 「仗世文と吉良」カラー表紙 | ジョジョリオンより引用

ジョジョリオン 第52話ネタバレストーリー・あらすじ「仗世文と吉良」

田最環(だもたまき)に襲われた東方邸。壁、ドア、床、天井に田最環(だもたまき)のスタンド『ビタミンC』の手跡がついている。

定助は、田最環(だもたまき)のスタンド『ビタミンC』の手跡に触らないよう『ソフト&ウェット』のシャボン玉をはさんでドアを押し開けようとするも手が滑る。定助の手も既に田最環(だもたまき)のスタンド『ビタミンC』の能力に侵されていた。

そこに東方鳩がやってくる。

鳩は、定助の体がどろどろになっているのを見て困惑する。

定助は、鳩に許可を求める。

田最環(だもたまき)の○しの許可を鳩に求める定助 | ジョジョリオンより引用

定助は、リビングルームにいる男。鳩の恋人である田最環(だもたまき)を○す許可を鳩に求める。

困惑する鳩。

田最環(だもたまき)は、東方家を全員○すつもりできたと定助は見る。ドアに手を触れようとする鳩に定助は注意する。

ガラスの扉は開けられない。破壊することもできない。コーティングされて滑る。押したり、指紋のようなものを踏んでもダメだと警告する。東方家の屋敷全体の内側が射程距離になっているスタンド能力だと説明する定助。

田最環(だもたまき)の狙いは定助 | ジョジョリオンより引用

そして、田最環(だもたまき)の狙いは、自分だという定助。

記憶を失う前の定助を探して、東方家にきた。それと皆○し。

何一つ記憶が戻らない。前に進みたい。だから許可がほしいと定助は鳩に懇願する。

シーンは過去に戻る。

瀕○の吉良吉影にスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉で無理矢理『ロカカカ』の実を飲み込ませた空条仗世文(じょせふみ)。

吉良吉影の体が痙攣を始める。そして、田最環(だもたまき)につけられたわき腹の傷が消えて行く。

空条仗世文(じょせふみ)は、吉良吉影の口元に耳を近づけ潜める。息をしているか確認する。

するとそこに石化した耳が落ちる。空条仗世文(じょせふみ)の耳だ。

『ロカカカ』の実で等価交換で石化する空条仗世文(じょせふみ) | ジョジョリオンより引用

空条仗世文(じょせふみ)の顔の右側、左手の指先が石化していく。

吉良吉影の傷と空条仗世文(じょせふみ)の体を等価交換している。

傷は治ったのに吉良吉影は息をしない。空条仗世文(じょせふみ)は、吉良吉影に傷が治ったから目を覚ませと呼びかける。

八木山夜露は、田最環(だもたまき)と携帯電話で連絡を取りながら歩いている。別行動だ。

ヨットの爆破の後に余震があったという。津波警報がでているという。杜王町は震度3。地震の怖さを素直に口にする八木山夜露。八木山夜露は、『壁の目』を登って、田最環(だもたまき)と合流するという。

田最環(だもたまき)の予想通り、吉良吉影たちはいるという。そこに『ロカカカ』もあるだろうと予想する八木山夜露。

空条仗世文(じょせふみ)は涙する。吉良吉影の頭を抱えてた手が血で濡れている。吉良吉影は、爆破でも空条仗世文(じょせふみ)を庇って傷を受けていた。

エイフェックス兄弟に見つかる仗世文と吉良 | ジョジョリオンより引用

エイフェックス兄弟に見つかる。エイフェックス兄弟(兄)は、田最環(だもたまき)に電話連絡する。接ぎ木した枝に実が1個ついている『ロカカカ』を発見したという。吉良吉影と空条仗世文(じょせふみ)も見つけた報告を入れる。

エイフェックス兄弟が『ロカカカ』の場所を伝える | ジョジョリオンより引用

『ロカカカ』の実は1個しかなく、もう1個は吉良吉影に食べさせたようだととも報告した。

エイフェックス兄弟(兄)は電話を切り、空条仗世文(じょせふみ)に向かう。エイフェックス兄弟を睨みつける空条仗世文(じょせふみ)。

空条仗世文(じょせふみ)vsエイフェックス兄弟 | ジョジョリオンより引用

エイフェックス兄弟(弟)は、ボールを空条仗世文(じょせふみ)に蹴り上げる。しかし、ボールはふわふわと浮いている。ボールの中に空条仗世文(じょせふみ)のスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉が入っていて制御できない。

ボールに気を取られている間に空条仗世文(じょせふみ)は、エイフェックス兄弟(弟)の足を蹴り、転倒させる。そして、倒れたエイフェックス兄弟(弟)の頭を何度も踏みつける。

ボールに気を取られている間に空条仗世文(じょせふみ)は、エイフェックス兄弟の足を蹴
エイフェックス兄弟(兄)は、空条仗世文(じょせふみ)を背後から羽交い絞めにして、弟への攻撃を止めさせる。

スタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉で近くの木の枝を弾いて、羽交い絞めしている兄の脳天に枝を突き刺す空条仗世文(じょせふみ)。

手が緩んだところを空条仗世文(じょせふみ)はエイフェックス兄弟(兄)の羽交い絞めから脱出し、オラオララッシュをかける。最後に、顔面に膝蹴りを食らわせ、壁の目の上からエイフェックス兄弟を落とす。

それを見て驚愕する八木山夜露。

空条仗世文(じょせふみ)は残りの『ロカカカ』をもぎ取る。

吉良吉影に食べさせたのに空条仗世文(じょせふみ)の耳と手が等価交換されたことに疑問を持つ。接ぎ木して新しく実った果実だからなのか。隆起した壁の目の土地の特殊なエネルギーか何かか。

空条仗世文(じょせふみ)は、再び、『ロカカカ』の実を砕き、スタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉に包む。

空条仗世文(じょせふみ)の「幸せのイメージ」 | ジョジョリオンより引用

空条仗世文(じょせふみ)は、ヨットのことを思い出す。吉良吉影が言った「巻き込んでしまってすまない」という言葉。空条仗世文(じょせふみ)は否定する。

空条仗世文(じょせふみ)自身がホリーのために心から役に立ちたかったという。

空条仗世文(じょせふみ)の「幸せのイメージ」 | ジョジョリオンより引用

ずっと思い描いていた「幸せのイメージ」だという。それが本当に重要なことなんだと。

空条仗世文(じょせふみ)は、砕いた『ロカカカ』の実を再び、吉良吉影の口に運ぶ。

そして、吉良吉影の体が痙攣を始める。それと同時に空条仗世文(じょせふみ)の手や頭部が石化を始める。

空条仗世文(じょせふみ)は、子供の時、夏の日に自分は○んでいたという。海に行った日から自分は存在していなかった。だから生きるのはホリーの子供である吉良吉影だという空条仗世文(じょせふみ)。

空条仗世文(じょせふみ)の「幸せのイメージ」 | ジョジョリオンより引用

等価交換というなら喜んで差し出す。そっちのほうが「幸せのイメージ」という。

空条仗世文(じょせふみ)の石化の進行していく。

空条仗世文(じょせふみ)は、吉良吉影に言う。『ロカカカ』の枝は無事だからホリーのために育ててくれと。

東方憲助が、孫のつるぎに呼びかける。つるぎは、セミの○骸を集めていた。つるぎは、木が歩いているから上から虫が落ちるというと東方憲助は、地面の断層が動いているからだと説明する。余震で、壁の目の隆起が続いている。壁の目の辺りで遊んではいけないとつるぎを東方邸に連れ戻そうとつるぎと手をつなぐ。

余震で、八木山夜露は壁の目のところにも津波がくると焦る。

犬が落ちていた『ロカカカ』の実を食べる。

ジョジョリオン 第52話ネタバレ感想と考察

空条仗世文(じょせふみ)が○にきる前に地割れで、空条仗世文(じょせふみ)も吉良吉影も壁の目に埋まってしまうのか。整理してみよう。

・定助は、壁の目の下から康穂に発見される。
・吉良吉影は、壁の目の下から○体で発見されている。
・つるぎがいた地下室に別の部屋があり、そこに海兵服があった。吉良のものか。

このことから、憲助は何かしら関わっているのだろうか。
定助のスタンド『ソフト&ウェット』と、空条仗世文(じょせふみ)のスタンド『ソフト&ウェット』が同じなのは、『ロカカカ』で等価交換されたのは肉体だけで、精神は空条仗世文(じょせふみ)のままだということではないだろうか。

そして、壁の目のエネルギーで石化した空条仗世文(じょせふみ)の肉体を吉良の肉体で補った。もしかしたら記憶も同化しているかもしれない。

だから、吉良は○んだままで、空条仗世文(じょせふみ)が吉良の肉体の一部を交換しあっただけということだろうか。

合体後の空条仗世文(じょせふみ)、つまり定助は一度憲助に保護されていて地下室に入れられていた。

しかし、記憶を取り戻すためにもう一度自分から壁の目に埋まりにいった。その時に康穂に見つかったのか。

エイフェックス兄弟から報告をうけていたので、八木山夜露は壁の目の近くにある東方家の設計士として近づいたんだろうな。

最初は、空条仗世文(じょせふみ)は戦いなれてない感じだったけど、吉良の○を目の前にして強くなった。エイフェックス兄弟との対決の直前の落ち着いた感じがいいね。

ウルトラジャンプ2016年5月号表紙 | ジョジョリオンより引用

2016年4月19日発売 今月のウルトラジャンプ「ジョジョリオン」を読んで。表紙はジョジョリオンだった。

ジョジョリオン 概要

ジョジョリオンはジョジョの奇妙な冒険で第8部にあたるシリーズ。第7部のスティールボールランに続き、第6部以前の世界とは異なったパラレルワールドとして展開される。大震災によってできた謎の突起物「壁の目」に埋まっていた記憶喪失の主人公・東方定助を取り巻く物語であり、「呪い」を解く物語とされている。

ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ウルトラジャンプは、毎月19日発売の月刊漫画雑誌。他の『ジャンプ』系雑誌に比べ、新人作家をあまり使わず、他雑誌や集英社以外の出版社からの作家の引き抜き、もしくは他誌から移ってきた作品が多いのが特徴である。誌に多い色香スやビジネスといったジャンルよりも、バトルもの・SFものを中心に読みたいという大人の需要に答える意味で、同じ誌である『ヤングジャンプ』や『ビジネスジャンプ』、『グランドジャンプ』とは差別化されている。