キングダム 473 飛信隊・信が慶舎を討ち取る。羌瘣は劉冬を倒す。

趙軍総大将慶舎の首を討ちどり勝どきを上げる飛信隊隊長の信 | キングダム

趙軍総大将慶舎の首を討ちどり勝どきを上げる飛信隊隊長の信 | キングダムより引用

キングダム 第473話ネタバレストーリー・あらすじ「歓喜の撤退」

慶舎に致命傷を負わせる信。

慶舎は、意識が薄れて行くなか、李牧への恩返しができなかったと悔やむ。

信は、慶舎が息を引き取ったのを見て、趙軍総大将慶舎の首を討ちどり勝どきを上げる。

敵大将を討ちどり歓喜する飛信隊 | キングダム

敵大将を討ちどり歓喜する飛信隊 | キングダムより引用

飛信隊は大歓声を上げる。河了貂も近くの兵に抱きつき喜ぶ。

そんな歓喜もつかの間、敵地にいることは変わりなく、すぐさま撤退、離脱を指示する飛信隊軍師の河了貂。

飛信隊は、下の樹海に逃げ込み、慶舎軍の追撃から逃げようとする。そんな最中、飛信隊隊長の信は、退却せずに遠くを見ていた。

信の突撃を邪魔させないために横槍に入ろうとしていた劉冬軍の相手をしていた羌瘣の隊。

羌瘣は、劉冬を討ち取っていた。

劉冬は、致命傷を追いながら、ふるさとである離眼にはいかせまいと羌瘣に掴みかかろうとする。

劉冬に約束する羌瘣 | キングダム

劉冬に約束する羌瘣 | キングダムより引用

羌瘣は、劉冬に離眼でひどいことにならないように口約束し、劉冬の人形を返す。

そこで、劉冬は息を引き取る。

羌瘣の隊にも敵の追手が迫ってきた。

羌瘣の隊は退却しようとするも羌瘣は呼吸を乱し、動くことができなかった。隊の者が羌瘣を助けようとするも敵兵が阻む。

その時、信が、羌瘣を助けるためにやってきた。

羌瘣を助ける信 | キングダム

羌瘣を助ける信 | キングダムより引用

伸ばした信の手にしがみつく羌瘣。羌瘣は、信の首を腕を回し、しっかりと抱きつく。

信は、羌瘣に逃げる力ぐらい残しておけという。羌瘣は面目ないと素直に謝る。

信は、大将首をとったことを羌瘣に報告する。

趙軍総大将慶舎が討たれた報告が一番早かったのは、趙軍金毛のところだった。そして、紀彗軍。紀彗には劉冬が討たれた報告もされる。

紀彗は悲しみの雄叫びを上げる。そのことで馬呈は、劉冬の悲報を察する。

紀彗は、すぐさま金毛を丘頂上にくるように使いを走らせる。

大将を取られても希望を捨てていない紀彗 | キングダム

大将を取られても希望を捨てていない紀彗 | キングダムより引用

紀彗は、まだこの戦いを終わらせるつもりはなかった。

キングダム 第473話ネタバレ感想・考察

趙軍の指揮系統がどうかはわからないが、慶舎の側近である金毛が将軍クラスでなければ、次の指揮官は紀彗だが、金毛が将軍クラスなら金毛が指揮をとるだろうし、慶舎を討たれた恨みもあるだろうから指揮権は渡さないと思うけど、流れ的には、紀彗が指揮官になりそう。

変則的な戦いをする桓騎に対抗できる力はあるのだろうか。

2016年5月12日発売 今週のヤングジャンプ24号「キングダム」を読んで。

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン漫画。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

週刊ヤングジャンプは、毎週木曜日発売の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・力・権力(からの解放)」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高いマンガ誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です