ブラッククローバー 61 9人の神官たちと神殿バトルロワイヤル

フィンラルの空間魔法を使った逃走手段 | ブラッククローバー

フィンラルの空間魔法を使った逃走手段 | ブラッククローバーより引用

それをみて海底の大司祭は面白がる。

それをみたヤミは、もっと凶暴そうな怪魚を出せといいだす。

一方、チャーミーは、綿魔法で羊の料理人を召喚して、海底神殿の魚介たちを思う存分食べていた。

そこに海底の神官がやってくる。

歌魔法”母なる子守唄” | ブラッククローバー

歌魔法”母なる子守唄” | ブラッククローバーより引用

歌魔法「母なる子守唄」

チャーミーはあっけなく眠らされてしまう。

寝ても気絶と同じとみなされる。

チャーミーあっけなくやられる | ブラッククローバー

チャーミーあっけなくやられる | ブラッククローバーより引用

黒の暴牛もポイントをひとつ失う。

ヤミはやられたチャーミーに一週間メシ抜きだと宣告する。

アスタは、怪魚たちをなぎ倒していくと、際立って大きい怪魚を倒している海底の神官と出くわす。

神官はアスタを名指しして、自分の踊りを見てほしいと踊りだす。

アスタは素直にステキな踊りだとテンションを高鳴らせる。

神官は地上でもこの踊りウケるかなと聞くとアスタはウケると答える。

神官は、キアトと名乗り、夢は地上で王国中を魅了する踊り手になりたいという。しかし、海底神殿の人間は王国の浜辺までいけても地上には上がれない決まりだという。

今回、戦いで勝ったら地上にいってもいい許可をもらえるという。

だから、自分の夢のために倒させてもらうとアスタに攻撃をしかけてくるキアト。

キアトの攻撃は素早い。

アスタはキアトの攻撃をギリギリのところで防ぎ、今度はアスタが夢を語る。

最強の男・魔法帝になるために倒させてもらうと剣を振り下ろす。

そのアスタの意気込みを聞いて、神官は魚の仮面を取る。

一方、ノエルの前に、チャーミーを眠らせた神官が現れる。

攻撃魔法を使えないノエルは強がりをいうが、神官はよくきたねと仮面を取る。そこには、海岸で修行の手助けをしてくれたカホノだった。

ブラッククローバー 第61話ネタバレ感想・考察

みんな言い奴そうだけど、この任務で難度が高い任務じゃなかったっけ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です