はじめの一歩 1140 日本ライト級タイトルマッチ伊賀忍vs.王島総司の試合開始

青木のライバル伊賀忍 | はじめの一歩

青木のライバル伊賀忍 | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 第1140話ネタバレストーリー・あらすじ「伊賀vs.王島」

新型カエルパンチ『ベルツノ』を発動させ、勝利を収めた青木。

今回のメインとなる伊賀の試合が始まってしまうと、青木と木村は会場へ急いだ。

一歩、板垣、鷹村のところにやってくる青木、木村。

青木は、壮絶なKO勝ちに胸を張る。一歩や板垣は大きな祝福の言葉で迎えるも鷹村は青木と目をあわそうとしない。

鷹村に勝利の祝福の言葉を強制する青木 | はじめの一歩

鷹村に勝利の祝福の言葉を強制する青木 | はじめの一歩より引用

青木は、鷹村の視線に入り、祝福の言葉を要求する。

そんな青木の態度に鷹村は殴りつける。

木村は青木を、一歩は鷹村を押さえる。

木村は、青木が伊賀の試合を皆で見たいというから来た。伊賀の弱点を見つけたらよろしくと話題を逸らす。

ついに日本ライト級タイトルマッチ開始のアナウンスが流れてくる。

青木のライバル伊賀忍 | はじめの一歩

青木のライバル伊賀忍 | はじめの一歩より引用

無敗のままA級トーナメントを制し駆け上がってきた最強の挑戦者、日本ランキング1位の伊賀 忍が堂々と会場に入場してくる。

鷹村は、マロンがトレーナーについていると見る。

王者初挑戦なのに堂々としている伊賀。落ち着いているのはトレーナーのマロンがいるから。それだけ安心感と信頼感があるという鷹村。

マロンはマインドコントロールが上手いのだろうと考える。選手がそれで力を発揮できるなら悪いことじゃないと。

観客の歓声もあって人気があるというも青木は、試合が始まればすぐに性格の悪さに客はドン引きするという。

青木の試合で、試合中に恋人のトミ子のことを「ブス」だと罵ったという。

それを聞いて鷹村は正直なやつだと褒める。

それなら王者を応援しようと一歩と板垣。しかし、青木は、王者も素直に応援できるやつじゃないという。

次いで王者が会場に入場。

日本ライト級チャンピオン王島総司 | はじめの一歩

日本ライト級チャンピオン王島総司 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です