ブンゴ 6話感想 実は利き手ではなかった。という定番設定

ブンゴ

(ブンゴより引用)

ブンゴBUNGO 概要

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをただブロック塀に投げ込む毎日。「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて勝負することになる。

ブンゴBUNGO 今回のあらすじ

父親に野球のボールとグローブを買ってもらったブンゴは、毎日毎日壁に引いたストライクゾーン目掛けて投げて遊んでいた。そんなブンゴの投球は素人の球速ではなくなっていた。

甲子園も関係ないブンゴは、ユキオを打ち取る(三振させる)ためだけにユキオを同じ野球チームに入った。ユキオどころかチームメンバーにも打たれたブンゴ。

しかし、姉の一言からブンゴが左利きであることを知った監督(ユキオの父親)は左で投げるようにブンゴにいう。コントロールはないにしても、初めて左で投げたとは思えない投球を生み出す。

ブンゴ

(ブンゴより引用)

ブンゴBUNGO 今回の感想

右で投げてたけど、実は左利きでした。全体的にみても素人なのだが一つだけ飛びぬけて優れている。よくあるパターンなんだけど好きなんだよね。

ブンゴも一度決めたら曲げない頑固者だし、ユキオも女の子ことになるとムキになるひねくれものだし、能力設定は少年漫画でいう黄金パターンなのに誌に連載されているだけあって一癖も二癖もある登場人物なので見ていて飽きない。

特に監督かな。

でもブンゴ、右で投げるって言いそうだな。頑固だし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です