はじめの一歩 1142 マロンのボクシング戦術にハマる王子

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 第1142話ネタバレストーリー・あらすじ「伊賀、苛立つ」

日本ライト級タイトルマッチ伊賀忍vs王島総司の試合。

伊賀の右のボディストレートは、王子のスピードを奪って後半勝負という戦術と考えても相手がサウスポーなら定石だが、王子は右利き。右利き相手なら左ボディストレートが定石。

伊賀のスタイルに違和感を感じる鴨川ジムセコンド陣。

ボディ狙いの相手はなれていると余裕の王子。

一歩は王子を褒めるが、鷹村は三流だという。自分なら同じモーションでくる相手なら撃ち終わりにかぶしてダウンを取るという。

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩より引用

鷹村が言った戦法を王子がそのまま実践すると鷹村の王子に対する評価が二流に格上げになる。

伊賀はからくもガードする。

ゴングが鳴り、両者コーナーへ。

マロンは伊賀に練習どおりやれと指示する。

6ラウンド目。

伊賀は変わらず、王子のボディ狙い。王子は伊賀の打ち終わりを狙う。

いつか直撃をもらうだろう。

伊賀のセコンドも不安で不安で仕方なく、不安をマロンにぶつける。

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩より引用

伊賀はスタイルを変えず、王子のボディを狙い続ける。それに対応する王子の撃ちおあろし。まるでビデオの再生をみているかのように同じモーション。

そんななか、ボディストレートのモーションに入った伊賀。それをみて王子はガードを下げて待つも伊賀のパンチはボディに行かず、王子の顔面を捕らえた。

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩

マロンのボクシング戦術にハマる王子 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です