はじめの一歩 1143 日本チャンピオンで満足してしまっている幕之内一歩

日本チャンピオンで満足する幕之内一歩 | はじめの一歩

日本チャンピオンで満足する幕之内一歩 | はじめの一歩より引用

  • はじめの一歩 第1143話ネタバレストーリー・あらすじ「理想像」
  • はじめの一歩 第1143話ネタバレ感想・考察
  • はじめの一歩 概要
  • はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1143話ネタバレストーリー・あらすじ「理想像」

日本ライト級タイトルマッチ伊賀忍vs.王島総司の試合が終了。

勝利者インタビューで、マロンはマイクを離さない。

マロンは、日本チャンピオンのベルトでは満足しないという。

マロンのボクサーの理想像で世界チャンピオンを目指す | はじめの一歩

マロンのボクサーの理想像で世界チャンピオンを目指す | はじめの一歩より引用

マロンにはボクサーの理想像があり、伊賀を鍛えて理想に近づけ、必ず世界のタイトルを獲ると宣言する。

青木は、華のない顔の伊賀は大物になれないと試合会場をあとにしようとする。そんな青木に、木村は、見た目じゃない伊賀は強いという。

そんな木村の助言に青木は煩いというと、木村は忠告してやっているんだと口喧嘩に発展する。

木村と肩を組む青木 | はじめの一歩

木村と肩を組む青木 | はじめの一歩より引用

抑える一歩。しかし、木村は二人がかりならなんとかなる。荷が重たかったら手伝ってやるというと、青木は木村の肩を腕をのばして、その時は頼むと仲良く帰って行く。

板垣と一歩は、一対一のボクシングに何をいっているのはわからなかった。

主を心配する鷹村 | はじめの一歩

主を心配する鷹村 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です